1. 「最近耳にすることは多いけどどういう意味?」巷で噂のファシリテーターとは

「最近耳にすることは多いけどどういう意味?」巷で噂のファシリテーターとは

by Dakiny
 ファシリテーターというものをご存知でしょうか。言葉に馴染みはなくても、その役割を聞くとよく理解できると思います。ファシリテーターとは、ファシリテーションを行う人ですが、このファシリテーションとは、例えて言うならば会議の進行役のようなものです。そしてファシリテーターは主に、チームの活動においてふたつの役割を果たします。

 今回は、そのファシリテーターについて具体的にみていきたいと思います。

組織を作り上げる役割

 ファシリテーターの役割として、段取りや進行といった、組織化に関わる活動がまずあげられます。何を目的としてどう活動していくのかをつくりあげることがその内容であり、場をつくることが求められ、チーム内での目的の共有や協力関係を築き上げることによって、チームづくりをするというプロセスになります。

メンバーの内面にアクセスする役割

 ファシリテーターは会議などのメンバー同士の活動により、成果や満足感を満たすための仕事ともいえます。メンバー達はそれぞれ様々な考え方を持ち、感情を持っています。すると発生するのが対立でありぶつかり合いです。それをまとめ上げるのがファシリテーターの役割なのです。

 そこで必要となるのが、まずはメンバー達の意見を全て引き出し、そして議論となるように全体像を整理しながら論点を絞り込むことになります。必要とあれば図解を使いながら分かりやすい形にしていきます。そして論点がまとまってきたら、創造的なアプローチへと向かい意見をまとめることになるのです。

ファシリテーターに求められるものは中立

 ファシリテーターとは単なる司会者ではありません。会議などの進行を勧めるとともに対立する意見などをまとめる方向へ導かなければなりません。ここで大事なことがひとつあります。

 ファシリテーターとは常に、中立の立場に立たなければならないので、自らが意見を出したりまとめたりしてはいけません。あくまでそれはメンバー達に任せることになります。心理的に、そして精神的にメンバーひとりひとりの心にアクセスすることで、上手く対立がまとまる方向へ向かうように手助けをするのみです。どちらかの意見に賛同することも許されていません。


 以上のように、ファシリテーターとはチームのメンバー達の意見を引き出し、それらをうまく噛み合せてあげることによって、目指すべき目的に達するようにすることが役目となります。

 そのためにはコミュニケーションスキルとロジカルシンキングスキル、対立解消のスキルなどが求められます。そして完全に裏方に徹することで、チームの目的をいかに達成するかに力を注ぐことになります。

 すなわち、ファシリテーターとは、様々な立場の人達から意見を引き出し、そして相互理解を促したり対立意見の合意を促進するといった役割も果たすことになるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する