1. 落ち着いて考えてみよう!仕事で課題に直面した時にパニックにならないためのマインドセット

落ち着いて考えてみよう!仕事で課題に直面した時にパニックにならないためのマインドセット

落ち着いて考えてみよう!仕事で課題に直面した時にパニックにならないためのマインドセット 1番目の画像
 仕事をしているときに、どうしても案件が重なってしまったりそんなときに限って課題に直面したりすることがあります。そんなときにパニックになってしまい業務が滞り、ほかの社員に迷惑をかけてしまったりしないための、誰にでもできるマインドセットをご紹介します。是非この方法を試してみて、スムーズに業務をこなしてください。

仕事内容を一つずつ細分化

書き出す

 課題に直面したときは、まずは一呼吸置いて今自分が抱えている案件を洗い出して下さい。特に大きなプロジェクトのほうが最優先です。大きなプロジェクトほど書き出しが難しいかと思いますが、自分が関わっている部分がどれくらいほかの人へ影響するのか、納期はいつか、何をするのか、をきちんと紙に書き出してみましょう。それからその案件に起こった課題も書き出します。

他人に相談

 ひとつずつ書き出すことでパニックになりかけていた頭が落ち着き、次に何をしたらいいのかが見えてくると思います。ここでパニックにならずに済んだ人は、その書き出した課題を自分一人で抱え込まず、同僚、上司に紙に書き出した通りに簡潔に伝えて相談することがマインドセットとなります。

仕事に優先順位をつける

レベル別に書き出す

 それでもまだどうしたらいいのかわからない人は、全ての案件を紙に書き出したら、その案件について優先順位をつけていきましょう。優先順位とは納期が早い順ではありません。さきほど紙に書き出した課題・難題のレベルの高いもの。

頭の中を整理

 そして、そのせいで納期に間に合いそうにないものがもっとも優先順位の高いものとなります。優先順位をつけることで、どう課題に取り組んだらいいのかが見えてきます。課題への取り組み方が見えてきたらもうパニックにはなりません。そのとっかかりから課題を解決していきましょう。

優先順位の高いものから順にこなしていく

 ここまで終えたらあとはもう簡単です。優先順位通りに案件を片付けていきましょう。もうこの頃には頭はスッキリとし、どれを先に行い、また、何を行えばいいのかが自然と見えてきているはずです。なぜかというと、それは頭の中でもやもやしている問題を、自分で紙に書き出したことで自然と自分の中で整理がつき、マインドセットを行うことができるからです。

 この方法を習慣づけてしまえば、仕事をしているときにパニックにはならなくなるでしょう。どうぞ試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する