1. 優秀な人材になるための近道!「コーチングスキル」を身につけて代替不可能な人材へ

優秀な人材になるための近道!「コーチングスキル」を身につけて代替不可能な人材へ

 企業に勤めていると多くの方がいずれは部下を持つ経験をします。部下を抱えた際には、部下の育成も新たな仕事に加わることになります。このとき育成のための知識やスキルを身に付けているか否かによってその後の過程に大きく影響を与えます。

 こうした部下の成長を促すことは、他人の可能性や能力を引き出すスキルをコーチングスキルと言います。以下では、コーチングスキルを身に付けることによるメリットをご紹介していきます。

1.有益な人材になれる

 コーチングスキルを身に付けた人材は、企業から見ると非常に有益な人材です。なぜなら、新入社員の育成や能力を十分に発揮できていない社員の能力を引き出し企業の活動に大きくプラスの影響を与えるためです。

 そのため、コーチングスキルを身に付けておくことで、企業から評価される人材になり、他の社員と比べ一歩リードしたポジションを狙うことが出来るようになるからです。また、特に高いコーチングスキルを有するようになれば、大きなプロジェクト等でもリーダーやマネージャーといった重要な役職に任命される可能性も高まります。

2.部下と深い信頼関係を築ける

 コーチングスキルを身に付けることにより、教育とはどういったものなのかの本質を知ることが出来るため、何の知識もなく自分勝手に部下を育成している人に比べると部下と信頼関係が築きやすい点も大きなメリットです。

 コーチングをされている部下も上司のコーチングにより、自分の能力が開花したとなれば、信頼感や感謝の気持ちが厚くなり慕われる人材となることは間違いありません。

3.転職に役立つ

 コーチングスキルを持つ人材は企業に欠かすことのできない存在です。そのため、コーチングスキルを身につけていれば、現在の企業に不満を感じていたり、企業の経営が悪化したなど、何かしらの事情で転職を検討した際に非常に強みとなります。
 
 近年では、特に人材を替えの効くものではなく育てていくものであるという人材育成の意識が高まりつつあることからもコーチングスキルを持つ人材の需要は市場で高くなっていくことが予想されます。


 上記のようにコーチングスキルを身に付けることによるメリットは、同じ企業に勤める場合だけに留まりません。将来どういったキャリアを歩むかは人それぞれですが、選択肢は1つでも多いほうが良いでしょう。興味がある方はぜひコーチングスキルを身に付ける学習を始めてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する