1. 人事異動をポジティブに捉えさせる!人事異動を成功させる3つの秘訣

人事異動をポジティブに捉えさせる!人事異動を成功させる3つの秘訣

 仕事において「人事異動」という言葉はよく聞きます。この言葉を聞いて良い印象と悪い印象のどちらをお持ちになるでしょう。これは、自分の経験や会社の方針、状態で異なる事でしょう。

 できることなら社員のモチベーションは高く保っておきたいので、ポジティブな人事異動を行っていきたいもの。では、そのようにポジティブな理由で人事異動を行う際、特に注意する事はなんなのか見ていきましょう。

1. 反発する人はいる

 どんな会社でも、どんな社員であっても、全ての人がそれに納得してくれる訳ではありません。当然、中には反発する人も現れる。これは仕方のないことでしょう。その人は、自分がプラスの人事異動にならなければ、おそらく満足はしません。

 ですから、反発する勢力をいちいち気にする必要はありません。できる限りポジティブな理由を社内全体に感じてほしいのであれば、反発する人達にあらかじめコンタクトを取り、そのような人たちのこともしっかり気にかけているんだよ…という姿勢をわかってもらえばいいでしょう。

2. 何がポジティブなのかを考える

 上司や会社側が「これはポジティブな人事だろう」と考えたとしても、異動に関わる当人達がどの様に感じるかは分からないのです。例えば、プライベートを大切にしたい人は、出世するよりもある程度の給料さえ貰えればいいという人もいます。

 そのような人が、昇進をして責任ある立場に就いてしまうと、その人にとっては決してポジティブとはいえません。ですから、ポジティブという事はあくまでも本人達が決める事だという観点で人事異動を捉え、その人の目線でポジティブになるような人事異動を行うように心がけることが重要です。

3. 上手に伝える

 ポジティブな理由で人事異動を決めた事を、上手に伝えることも大切です。それがかえってプレッシャーとなってしまう場合もあります。そうならないように、注意を払いながらも前向きな姿勢で仕事に取り組めるように理由を伝えることは、人事テクニックの一つと言えるでしょう。

 このように、人事異動というとポジティブな方向に捉えられない人が多いのです。しかし、上記の3つのコツを使いこなすことで、うまく人事異動を行うことができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する