1. 退屈はミスの元!仕事に飽きたときにするべきやる気を取り戻す方法

退屈はミスの元!仕事に飽きたときにするべきやる気を取り戻す方法

by szeke
 「最近、仕事に飽きてしまった」ということはありませんか?仕事に飽きてしまうと、ミスも増えるでしょう。今回は、仕事に飽きたと感じたときにすべきことを紹介します。

日常の仕事にひと工夫加える

 まずは、日ごろの業務内容を見直して飽きないようにするための工夫を考えましょう。電話の受け答え方、メモの取り方、書類のコピーの仕方など、なんでもかまいません。無意識に行っていることを、もう一度考えながら行うのです。

 そうすると、仕事を改善するためのアイデアが浮かぶことでしょう。こうなれば、もう仕事に飽きたなどと言っていられなくなります。何もかもが気になり始め、改善したくなるでしょう。まずは今の職場でできることはほかにないのか、自分に問いただしてみましょう。

将来の姿を考える

 やる気を出すために大切なのは、目標です。ただなんとなく毎日を過ごしていては仕事に飽きてしまいます。明確な目標があって始めて、やる気が湧いてくるのです。

 目標を持つためには、自分が最終的になりたい姿を考えましょう。このときは、紙に書き出してみると、自分がどうしたいのかがはっきりと見えてきます。そして、その目標を実現するためには、どういった手順で行えばいいのか、書き出した内容を時系列順に並べてみましょう。すると、今の仕事を頑張る気になるかもしれません。
自分にあった、上手な目標設定をしましょう。


 いかがでしたでしょうか?仕事で飽きたと思ったら、まず、今までの自分の仕事ぶりを振り返って、どうすれば改善できるか考えましょう。また、目標を立てることも大切です。目標があれば、自然と頑張る気がわきますし、達成できたときは自信につながります。自分なりに工夫して、退屈な生活を変えていくように努力しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する