1. 上手くいかない採用は時期のせい!?中途採用の面接を行うのに適した時期

上手くいかない採用は時期のせい!?中途採用の面接を行うのに適した時期

by dconvertini
 中途採用を行うなら、どの時期なら優秀な人材を獲得できるのでしょうか?そもそも、中途採用には活発な時期があることを知っているでしょうか。ここでは、中途採用の面接の年間サイクルとベストな時期を紹介します。

中途採用の年間サイクル

 4月の新卒採用の不足を補充するため、GW明けあたりから中途採用は増え始めます。また、ボーナスを貰ってから辞職する人も多くいます。そのため、7月、8月は6月の、1月あたりは、12月のボーナスで辞めた人の獲得のために採用活動が多くなります。

 もちろん、ボーナスを貰ってからではなく、年の決算期や中間決算期に辞める社員もいます。3月決算の企業が日本には多いですから、9月に辞める社員が多いです。したがって、9月に辞めた社員の欠員を補うため、10月頃に中途採用の動きが活発になります。

ベストは5月、7月、10月、1月

 以上のように、5月、7月、10月、1月が、中途採用の動きが高まります。この時期が採用活動を行うのに最も適している時期になります。また、この時期に採用活動を行った方が、優れた社員を獲得できる確率も高いです。

 なぜなら、会社を辞めるのに適した年間サイクルに従って辞めた人の方が、年間サイクルとは関係なく辞めた人よりも優秀な人が多いと考えられるからです。ボーナスを貰ってから会社を辞める人は、自分が辞めたいときに自分の意志で会社を離れた確率が高くなります。つまり、そうでない人よりも、自分自身で会社を辞めるスケジュールをコントロールでき、会社よりも弱い立場にいたわけではないと考えられるのです。


 いかがでしょうか。中途採用の面接を行うのに適した時期を紹介しました。優秀な人材が欲しい企業は、この時期に採用活動をしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する