1. 【例文】ちょっとした気遣いが大事!英語で来客対応する時に役立つフレーズ

【例文】ちょっとした気遣いが大事!英語で来客対応する時に役立つフレーズ

【例文】ちょっとした気遣いが大事!英語で来客対応する時に役立つフレーズ 1番目の画像

 日本企業でも海外から来たお客様を案内することはあるはず。急な来客だと、英語で何を話せばいいかわからずに焦ることも多いだろう。

 そんな海外からの来客に備えて、いくつかフレーズを覚えておくと安心だ。

 急な英語での来客対応のためにも、今回は来客対応で使える英語のフレーズを紹介したい。

来客を迎えるときの英語対応表現

 海外からの来客は、遠方から来てくれていることが多い。

 はるばる遠くから訪れた来客に対しては、失礼のないような来客対応が英語で求められるのだ。

 来客の立場で考えて、丁寧にもてなすことを心がけよう。

来客をもてなす英語フレーズとは?

 まず、ドアを開けたときに使える来客への挨拶フレーズを見ていこう。

 オフィスに迎えたら、「How have you been?」や「How do you do?」などの挨拶表現で相手の調子を聞くこと一般的だ。

【例文】来客を出迎えるときの英語フレーズ

  • Come on in!(お入りください!)
  • Welcome to my office.(会社へようこそ)

来客に感謝の気持ちを表す英語フレーズとは?

 また、会社に来てもらった“感謝の気持ち”を来客に伝えるのも大切だ。

 「来てくださってありがとう」にあたる英語フレーズ「Thank you for coming」は必ず覚えておこう。

 「はるばる」という意味をもたせたければ「all the way」というフレーズを加えるといい。

 これらの表現を用いて、来客を出迎えよう。

【例文】来客に感謝を述べる英語フレーズ

  • Thank you for coming today, Mr. (Ms)○○.
    (本日は来てくださいましてありがとうございます)
  • Thank you for coming all the way from your country.
    (わざわざ遠いところ来てくださりありがとうございます)

「お連れします」は英語で? 来客を部屋に通すときの英語表現

【例文】ちょっとした気遣いが大事!英語で来客対応する時に役立つフレーズ 2番目の画像

 来客を出迎えた後は、ミーティングを行う部屋まで案内しよう。部屋まで案内する際は行き先もしっかり伝えると、来客も安心するはずだ。

 先頭に立って、以下の表現とともに来客を部屋まで連れていこう。

【例文】来客を部屋まで案内する英語フレーズ

  • Please come this way. (こちらに来てください)
  • I will take you to the meeting room. (応接室へお連れします)

来客を待たせるときの英語対応表現

 上司が手を離せなかったり、準備が必要であったりするときなど、来客を応接室などで待たせなくてはいけない状況もあるだろう。

 待たせる場合は、来客の機嫌を損ねないように礼儀正しい対応を心がけなければいけない。基本的なフレーズを押さえて、来客をもてなすことを心がけよう。

来客に待ってもらうときの英語フレーズとは?

 まず応接室や会議室などで待ってもらうときは、丁寧な表現を用いるのが礼儀である。

 ソファーや椅子にかけて待ってもらうようなフレーズを使うとよいだろう。

【例文】来客を待たせるときの英語フレーズ

  • Please have a seat(お掛けください)
  • Would you please wait here? (ここでお待ちいただけますか?)

来客に飲み物を勧める英語フレーズとは?

 応接室や会議室などで待たせている間に、来客に飲み物を勧める場合も多いはず。

 ビジネスシーン以外の状況でも使えるため、飲み物を勧める英語表現はここでしっかり覚えておこう。

【例文】来客に飲み物を勧める英語フレーズ

  • Would you like something to drink?/Can I get you a drink?
    (何かお飲み物をお持ちしましょうか?)
  • How do you take your tea ?/Do you take sugar or milk?
    (飲み方はいかがなさいますか?)/(お砂糖やミルクはいりますか?)
  • Here's some tea<coffee>, if you'd like. (よろしければ、お茶<コーヒー>をどうぞ)

時間がかかることを来客に伝える英語フレーズとは?

 来客を待たせているときに、しばらく時間がかかりそうな状況も避けられない場合もある。

 時間がかかることをしっかり来客に伝えることも礼儀のうち。具体的にどれくらい時間がかかるのかまで伝えるようにしよう。

【例文】来客にもう少し待ってもらうときの英語フレーズ

  • Would you mind waiting a few more minutes?/Would you please wait a little longer?(もうしばらくお待ちいただいてもよろしいですか?)
  • She'll be right here in a minute. (彼女はもうまもなくここに参ります)


 今回は、来客対応時の英語フレーズについて説明してきた。

 英語に自信がなくても、丁寧な来客対応に最も欠かせないのが「笑顔」だ。英語での来客対応に戸惑わず、常に笑顔で来客を迎えることを心がけよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する