1. ちょっとした気遣いが大事!英語で来客対応する時に使えるフレーズ

ちょっとした気遣いが大事!英語で来客対応する時に使えるフレーズ

by neco
 海外で働かなくても、海外から来たお客様を案内することはあるはず。そんな時に困らないように、英語で来客対応を行う際のフレーズを紹介します。

感謝の気持ちを伝えるフレーズ

 海外からの来客だと遠方から来てくれていることが多いものです。必ず笑顔で感謝の気持ちを伝えましょう。

 「Thank you for coming today, Mr. (Ms)○○.(本日は来てくださいましてありがとうございます)」「We have been waiting for you. Thank you for coming all the way. (お待ちしておりました。わざわざ遠いところ来てくださりありがとうございます)」が出迎えの表現にはぴったりです。

案内するフレーズ

 次に、お客様を部屋まで案内します。「Please come this way. (こちらに来てください)」から始めて、「Let me take you to the meeting room. (応接室へお連れします)」「Could you please wait here? (ここでお待ちいただけますか?)」など、相手を不安にさせない案内をしてください。

 あまり英語が得意でなければ「Please follow me. (私についてきてください)」でも良いですが、できるだけpleaseではなく、Could you please の方がより丁寧で尊敬している感じが表せるでしょう。

待っていただくときのフレーズ

 まずは応接室や会議室などで「Please have a seat if you like. (よろしければおかけください)」 と勧めてください。その後、飲み物をすすめるときには、「Would you like some tea or coffee? (お茶かコーヒーはいかがですか?)」「Here's some tea(coffee), if you'd like. (よろしければ、お茶(コーヒー)などどうぞ)」と言っておもてなしします。

 少し時間がかかりそうなら、「Would you mind waiting for just a few more minutes? (あと数分お待ちいただいてもよろしいですか?)」と気遣う言葉も必要です。相手がイライラしているような時には、「She'll be here in just a moment. Please wait for just a little longer. ([彼女は]もうまもなくここに参ります。もう少しだけお待ちください)」と言ってあげると親切ですね。


 いかがでしたでしょうか。来客対応では、少し気の利いたフレーズを使えるとかなり喜ばれます。ここで紹介したフレーズに加えて、自分でもアレンジを加えてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する