1. 【採用活動を成功に導くポイント】企業が欲しいと思っている人材をきちんと採用する方法

【採用活動を成功に導くポイント】企業が欲しいと思っている人材をきちんと採用する方法

by country_boy_shane
 企業経営の柱が人材である以上、採用は経営における重要なポイントになります。人材を採用する時に、なるべく優秀な人材を採用したいと考えるのは当然ですが、なかなか希望通りに採用活動が進むとは限りません。

 企業にとっての採用活動という業務を考える場合、どのようなポイントが重要になるのでしょうか。今回は、企業が採用活動を行う前に知っておきたい採用のポイントについて解説します。

応募者の意識を知る

 企業にとって人材募集に応募してきた応募者は、この企業で働きたいと考えてくれたかけがえのない人材です。まずは応募してきてくれたことに感謝し、低調な態度で接することを心がけましょう。

 企業の中には「雇ってやる」といわんばかりの態度で応募者を扱う企業もありますが、そのような態度をとることは厳禁です。横柄な態度が理由で、優秀な人材が採用を辞退してしまうことも考えられますし、採用に至らなかった人たちにまで悪いイメージを与えてしまうでしょう。

 採用に至らなかった人たちは、採用活動で考えてみれば不採用者であっても、明日からは企業の顧客になるかもしれない人たちです。採用活動での悪印象がきっかけで、大切な顧客を失ってしまうかもしれません。くれぐれも謙虚な気持ちを忘れないことが重要なポイントです。

コミュニケーション能力ばかり重視しない

 ビジネスにおいてコミュニケーション能力は重要な能力の一つですが、ビジネスのすべてがコミュニケーション能力だけで、うまくいくわけではありません。たとえコミュニケーション能力にかけるような人物でも、他の業務に関する能力やスキルが優れていれば、企業にとっては採用すべき優秀な人材です。

 コミュニケーション能力は、ビジネスを円滑に進めるための能力ではありますが、コミュニケーション能力しかない人材を採用したところで業績が期待できるわけではありません。人材の適材適所を心がけて、初めて企業のパフォーマンスは上がります。近年はコミュニケーション能力が重視されがちですが、一つの基準だけで採用活動を行ってしまうことには、危険が孕んでいることも理解しておきましょう。

長所を見極める

 採用活動で重要なポイントは「人材の長所を見極めること」です。採用活動ではついつい、あらさがしをしてしまい短所ばかりに注目してしまいがちですが、人材の持つ長所を生かすことができなければ企業の発展は望めません。

 どのような能力やスキルを持っているのか、この人材を採用するとどれだけメリットがあるのか、企業にとってどれだけプラスになるのかなど、長所に注目した採用活動をすることで、企業にとってプラスになる人材を採用することができます。


 採用活動は、企業の未来を左右する重要業務です。少しでもいい人材を採用するために、事前準備をしっかりして採用活動を行ってください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する