1. 人間関係をうまく作る!人事異動した先での挨拶で気をつけたいこと

人間関係をうまく作る!人事異動した先での挨拶で気をつけたいこと

 人事異動をする時に重要なのが、挨拶です。異動先では、新たな人間関係を構築する必要があるでしょう。ここでは、人事異動の際の移動先での挨拶で気をつけたいことについて紹介します。

異動についてはあまり触れない

 異動について挨拶であまり触れてしまうのはよくありません。異動の理由がもし不本意なものだとしても、その異動先には関係ないからです。異動した場合は、異動した理由よりも、今後どのような働きをしていきたいのかが重要になるのではないでしょうか。

今までのキャリアを誇示しない

 今までのキャリアを自慢する人がいますが、それは異動先では関係のないことです。円滑な人間関係を作るためにも、そのようなキャリアを捨て、一度新入社員のような気持ちで挨拶をするべきではないでしょうか。

「一緒にやっていく」ということを強調

 人事異動をした先の部署は、これから一緒に働く仲間です。一緒にやっていくということを強調した挨拶をすることで、自分は、これから一緒にビジネスを作る仲間であるということを周りに伝えるようにしましょう。


 ここでは、人事異動先で挨拶で気をつけたいことを紹介しました。しっかりと挨拶をすることで人事異動先でも、よい人間関係を構築することができるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する