1. 良い関係を続けるために!人事異動するときの挨拶文のポイント

良い関係を続けるために!人事異動するときの挨拶文のポイント

by paul bica
 人事異動にともなう転任の挨拶文では、取引先に自分が転任することや、自社の状況が変わったことを報告するために書きます。ですが、ただそれだけの内容を書いたのでは、淡々としすぎていて、相手には、あなたの印象が何も残らないかもしれません。今回は、少しでも相手の印象に残る人事異動の挨拶文を考えてみます。

転任挨拶文を送る目的とは?

 人事異動の挨拶文を送る目的は、今後もお互いがよりよい関係性を保つためです。そのためには今までの感謝の気持ちと、これからも関係を続けてほしいという言葉を忘れずに書くことが必要です。お礼を言われたら、誰でも悪い気はしないもの。心に残るような思い出のエピソードなどをたった一言でいいので、文中に入れるようにしましょう。

メールでの転任のあいさつの例

 人事異動による転任の挨拶文には、書き方があります。タイトルには「転任のご挨拶」と書きます。それから、相手先の会社と部署、名前を書きます。

 本文には、自分の名前と、人事異動により転任したことの報告、そして相手先への感謝の気持ちとお礼の言葉を書きます。文例は以下のようになります。

―――

転任のあいさつ
件名:転任のご挨拶
○○○株式会社営業部
佐藤幸一様
いつも大変お世話になっております。
株式会社山田商事、営業部の鈴木太郎です。
佐藤様には、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
当社○○○部○○○課課長○○○○○でございますが、
このたびの人事異動により○○○部○○○課への転任
をいたしましたこと、ご報告申し上げます。
○○○部在勤中は、多岐にわたるご厚誼を賜りましたこと、
心より御礼申し上げます。
今後は新しい職務に邁進し、皆様のご愛顧に応えられるよう
精進してくれるものと存じます。皆様におかれましては、
引き続きご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
本来ならば本人参上の上、ご挨拶申し上げるべきところ、
略儀ながら、メールをもってご挨拶申し上げます。

―――

手紙での転任のあいさつの例

 手紙で人事異動の転任挨拶文を書く場合は、最初に「謹啓」、最後に「敬具」と書くことがポイントです。また、新住所を書くと転任後も連絡が取りやすくなります。以下で例文を紹介します。

―――

拝啓時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度、Ο月Ο日をもちまして弊社ΟΟ支店勤務を命ぜられ過日着任いたしました。
皆様には、ΟΟ在勤中に格別のご厚情を賜り深く感謝いたしております。
新任地におきましても、一層の努力をしてまいる所存でございますので、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
略儀ながら書中をもちましてお礼旁々ご挨拶申し上げます 。
敬具
平成26年5月21日
新勤務先株式会社ΟΟ関東支店
電話番号000-000-0000 FAX番号000-000-0000〒000-0000
ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
鈴木太郎
新住所
〒000-0000
ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番0号

―――


 いかがでしたでしょうか?転任挨拶文は、どうしても淡々としたものになりがちですが、必ず、今までお世話になった方への感謝の気持ちを書くようにしましょう。そのほかにも、相手との思い出を書いたり、新しい住所を書き添えるなどの配慮をし、挨拶文を受け取った相手の心に残る文面にしたいものです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する