1. ビジネス英語を使った自己紹介の仕方!メールでは決まった言い回しを覚えておくのがポイント

ビジネス英語を使った自己紹介の仕方!メールでは決まった言い回しを覚えておくのがポイント

by Kumaravel
 国際社会になった今、ビジネス英語を使って外国人とメールでやりとりする機会が増えたという人も多いでしょう。メーの書き方としては、まず用件(件名)を書いてから、相手の名前を書き、自分の自己紹介するという順番が適切です。ここでは、ビジネス英語を使った、メールでの自己紹介の仕方を紹介します。

1. メールでの自己紹介とは?

 初めての人にメールを書く場合、簡単な自己紹介を書くのがルールです。どんな人からのメールなのか分かったほうが、相手としてもスムーズに仕事が行えるでしょう。自己紹介では、相手に自分を分かってもらうため、自分の名前や勤め先などを紹介します。例文としては、

・I am Ms.Sof ○○company.
(私は○○株式会社のSと申します。)

誰かに紹介してもらったのであれば、

・I am Mr.K of ○○Shoji. I was introduced you by Mr.T.
(私は、T氏からご紹介されました、○○商事のKと申します。)

メールで誰かから紹介された場合は、

・I am Mr.H of overseas division. I am writing you introduced by Mr.○ of our company.
(海外事業部のHと申します。弊社○の紹介でメールを差し上げております。)

 と書きます。そこまで難しくはないでしょう。

2. 名前だけではなく、社名や仕事内容なども紹介する場合

 名前だけでは、シンプルすぎますし、相手にもう少し自分のことを知ってもらいたいと思うかもしれません。たとえば、仕事の内容を知ってほしいときは、

・My name is ○○ and I am a researcher at YYY.
(私の名前は○○です。私はYYYの研究者です。)

・My name is ○○ and I am in charge of ~ at YYY.
(私の名前は○○です。私はYYYで~の担当をしています。)

 と書きます。ビジネス英語で、自己紹介をする場合のポイントとしては、会社のな名前だけではなく、できるだけどんな職種かも分かるようにすべきです。「YYY社」で働いているというだけでは、仕事内容が分からないので、より相手に詳しく説明したい場合は気をつけましょう。

3. 初対面ではない場合

 知らない人に初めてメールをする際は、自分を知ってもらうために、自己紹介などからメールを始めますが、何度かメールのやりとりをしたことがある相手には、冒頭に「お元気ですか?」といった挨拶文を入れたほうが親しみが湧いて良いでしょう。

 この場合も、ビジネス英語の基本的な言い回しがあるので、幾つか紹介します。日常的によく使われる挨拶は、

・How are you? (お元気ですか?)

 でも良いですし、もう少しくだけた言いまわしで、

・How is ○○ going? (○○はどうですか?)
・I hope ○○ is going well. (○○が、うまくいっていると良いのですが。)

 といった表現をすることもできます。「I hope~」は、「~を願っています」「~だといいなあ」といった、相手を心配する表現です。ビジネス英語ではよく使われますので覚えておきましょう。


 いかがでしたでしょうか?ビジネス英語で自己紹介をするときは、短く要点を先に伝えるように心がけましょう。ダラダラと書いてしまうと、何を言いたいのか分からなくなってしまうので、短い文章で簡潔にまとめるようにします。

 もし、外国人からビジネス英語のメールをもらったら、その書き方をマネしてみると良いかもしれません。定型文さえ覚えてしまえば、メール文は簡単に書けるようになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する