1. 働く人が会社を作る!求める人材別に分けて考える採用活動の方法

働く人が会社を作る!求める人材別に分けて考える採用活動の方法

 人事の仕事として大切なのは、業務の効率化と人員削減ではないでしょうか。会社としては優秀な社員を1人でも多く確保することが重要になります。会社側として「どのような人材を求めるか」によってその採用活動を考えてみましょう。

専門スキルを持つ者を採用したい

 ある資格がなければ業務を行うことが出来ない。これまでに長く経験のある、技術を持った即戦力の人材を確保したい。このような場合、重要になるのが、失敗のリスクを減らすことです。即戦力で入ったけど全く仕事ができない人材を採用してしまうことは大きな損害になります。人事だけでなく、現場の社員との面談を取り入れ、しっかりと企業にマッチした人材を採用しましょう。

若手をじっくり育てたい

 若手を育てたいという場合は、基本路線として、新卒採用がメインになるかと思います。その場合は、サイトなどの露出が非常に重要になります。多くの学生は、未だに大企業に入りたいと思っている傾向が強いです。自分の企業をどう見せるのかを考え、学生にとって魅力的な伝え方を心がけましょう。

意識が高い人材が欲しい

 会社のビジョンに強く共鳴し、新規事業などで盛り上げてくれる人材が欲しい場合も中にはあるでしょう。そういった場合、企業の社風にマッチしない場合も多く、企業に入ってどのようなキャリアを目指すのかも定かではありません。ポテンシャルを重視するためにも、現状のスキルだけでなく、どのような考え方をしているのかを重視し、グループワークなどよりも、より対話を重視して面接を多く繰り返しましょう。


 ここでは、求める人材別に分けて、採用活動の仕方を考えて見ました。採用は、企業の根幹を担うものです。意識して求める人材を考えましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する