1. 社会人ならみんな関わっている!「辞令交付」の正式な意味と役割

社会人ならみんな関わっている!「辞令交付」の正式な意味と役割

by ell brown
 会社や組織で働いていれば、多くの人が「辞令交付」を経験することになります。しかし、「辞令交付」の意味をすべてのビジネスマンが正確に理解しているかというと、そうでもないでしょう。社会人にとって辞令は大変重い意味を持っています。あらためて「辞令交付とはなにか?」を考えてみましょう。

実は誰もが受け取ったことがある

 辞令をかんたんに説明するなら、「会社や組織が社員、従業員、組織構成員に対して渡す指示・命令文書」ということになります。おそらく一番多く耳目にし、自分でも受け取る機会があるのは「社内異動」や「昇進」の辞令でしょう。しかし、辞令にはそれ以外にも、多くの種類があるのです。

 例えば採用です。企業は採用者に対して「採用します」という辞令を出すのが一般的です。なので、ほとんどの人が入社時に「辞令交付」を経験しているわけです。それから、昇格や降格、昇給や減給、社内異動、出向、転勤や転任などについても辞令が交付されることになります。

 つまり、人事に関する大きな取り決めを、会社や組織が、そこで働く人に通知するための文書が「辞令」であり、それを当該者に渡すのが「交付」ということになるのです。

辞令交付の意味

 さて、それでは辞令を交付する意味とはいったい何でしょうか?実は、辞令交付は法律で義務付けられているものではありません。それなのに多くの企業が辞令交付を行うのは、「人事に関する重要事項」を間違いなく伝えるためです。上記のような事項は会社側、従業員側間の齟齬が許されません。間違いが起こらないように、正式な文書にして渡すのが辞令交付の目的なのです。

 なので、辞令には命令内容だけでなく、誰が誰に命令するのか、その期間や実施日時明記しなくてはなりません。内容だけでなく発令者と受令者が明確にされていることが、辞令の必要条件になります。


 また、辞令交付には重要事項を文書にして渡すことで、受令者の強い自覚を促すことができるという効果もあります。働くうえでは重要な言葉なので、間違いの内容に使いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する