1. 営業や接待時に意識すべき!別れ際に良い印象を残すためのポイント

営業や接待時に意識すべき!別れ際に良い印象を残すためのポイント

 仕事で、クライアントや取引先の方と会う場合、もちろん、失礼のない様に対応しなければなりません。失礼がないことと同時に、意識したいのが、相手に良い印象を持ってもらうことです。ここでは相手との別れ際の挨拶の時に、どんな行動を取れば良い印象を与える事が出来るのか紹介します。

良い印象を与えるには

 そもそも「良い印象」とは何の事でしょうか。色々あるでしょうが、ビジネス上で大切な印象とは「正直さ」「信頼」「爽やかさ」ではないでしょうか。ビジネス上で、正直さの印象を与える事が出来れば、例え何かトラブルがあった時でも解決しやすくなるでしょうし、信頼のイメージがあれば、商談もスムーズに進むかもしれません。また、爽やかさも重要です。営業には必須とも言われますが、何も営業に限った事ではなく、全ての社会人に当てはまる事です。これらの印象を別れの挨拶でも与える必要があります。

いい印象を与える別れ際の挨拶

 感謝の言葉を伝える事は大切ですが、気をつけたいのが声量です。他人が多く居るような場所では、目立つ行動は控えた方が良いでしょうから声量を控えた方が良いでしょう。自社でも他社でも、社内であれば第三者に聞かれる事はありませんから、ある程度の声量で伝える事が出来ます。伝える時の姿勢も重要です。少し深くおじぎをする程度で良いでしょう。丁寧でさわやかな去り際を演出することで、自然といい印象で別れの挨拶ができます。

次のコンタクトの話をする

 感謝の挨拶を述べた後、時間があるなら「今度は◯◯までにご連絡いたします」と爽やかに声を掛けます。次のコンタクトの話をすることで、いい印象をそのまま次の面会や、営業に繋げることができるのではないでしょうか。


 ここでは、相手にいい印象を残す別れ際の挨拶の仕方について紹介しました。相手にいい印象を持ってもらい、次のビジネスに活かしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する