1. 【企業が中途採用の面接で聞くべきこと】すぐに辞めてしまう人を採用しないための方法

【企業が中途採用の面接で聞くべきこと】すぐに辞めてしまう人を採用しないための方法

by Michael Ignatieff
 中途採用の面接では、面接を受ける人が、なぜ転職をしたいと思ったのか、採用した場合、企業側にはどんなメリットがあるのかを知りたいところでしょう。もしも、ただ単に飽きやすい性格の人で、特に将来性のビジョンも何も持たない人を採用してしまったとしたら、新しい職場でも仕事は続かないでしょうし、採用にあたった面接官も、人を見る目がないと思われ、企業での評価も下がってしまうかもしれません。

 ですから、中途採用の面接は、新入社員の面接とは違った角度から質問を考え、企業側もくわしく相手を知るように努力すべきです。今回は、中途採用の面接で企業側が聞いておくべきことについて紹介します。

1. 前の職場で何をしていたのか?

 自己紹介にもあるかもしれませんが、中途採用の場合は、企業側は、前職で培った経験やキャリアについて、とても知りたいものです。簡潔で分かりやすく話しているか、きちんと良さが伝わる話し方をしているのかどうかも、企業側はチェックしましょう。

・どのような規模の会社で、どのような業務をしていたか?
・その中で、どのようなポジションで働き、どのような経験を積んだか?

 など、採用するには、面接官が「もっと聞いてみたい」と感じるような上手な話し方をしている人が望ましいです。

2. 転職理由を聞く

 中途採用の面接では、転職理由でも退職理由でも、なぜ、前の会社を辞めたのか、または辞めようと思っているのかを聞きだすことが大切になります。なぜなら、転職したからといって、面接を受けに来た人の、前の職場に対する不満を、新しい職場で解決できるとは限らないからです。このとき、面接を受けに来た人が、職場の不満や文句など、マイナスなことは言った場合は採用しないほうがよいでしょう。

 反対に、「御社でキャリアップしたい!」「自分にはやりたいことがあるが、現在の職場では実現できないので転職したいです」など、明確な目的意識がある人は、企業側は中途採用を考えてもよいでしょう。

3. 前の職場で体験したことを聞く

 中途採用をする上で、もっとも知りたいことは、面接を受けに来た人が会社にどう貢献できるのかということです。採用してほしいと思ったら、前の職場で、いかに売り上げを伸ばしたか、表彰や受賞を受けたり、自分が関わったプロジェクトの成功事例などを話すことができる人を採用したいところでしょう。

 ただし、自分の自慢話にしか聞こえないような話し方をする人は、考えものです。大切なのは、実績ではなく、工夫や成し遂げられるまでの過程です。どう考え、どう動いた結果、成功したのかなど、具体例を挙げて話すことができる人が望ましいと言えます。


 いかがでしたでしょうか?企業が中途採用の面接試験を行う場合は、前職で何をしたか?どうして転職したいと思ったのかを詳しく聞くようにしましょう。前職でも、円満退社をしている人を採用することが前提条件です。

 短時間の面接では、人柄を見抜くことは難しいとは思いますが、やる気がある人、絶対に御社に貢献したい!という目的意識を持っている人を採用したいものです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する