1. 大切なのはタイミング!聞き上手な人の相槌の打ち方

大切なのはタイミング!聞き上手な人の相槌の打ち方

by soukbledi
 仕事において必要なのは「聞き上手」のスキルです。自分のことよりも相手の話をきちんと聞くのが大切です。聞き上手になるために、適切な相槌の打ち方を学びましょう。

早すぎも遅すぎもNG

 相手が話しているそばから相づちをかぶせると、話を真剣に聞いていないように思われてしまいます。話を途中で打ち切られるように感じ、真剣みが無いと思われるのです。

 かと言って間が空き過ぎると、「もしかして私は、何かおかしなことを言っているのだろうか」と話を適切に理解していないと思われてしまいます。相槌で大切なのはタイミングです。

句読点のタイミングで

 では、適切なタイミングとはどんなものでしょうか。実は、これも場合によって違います。会話のペースや息遣いなども重要ですが、まずは一つのポイントだけに注意しましょう。

 それは、句読点のタイミングです。これさえ気を付ければまず間違いないでしょう。相手が少し打ち切った、句点のタイミングで短い相槌を、分を言い切った、読点のタイミングで深い相槌を付きましょう。

 
 いかがでしょうか。「あなたの話を理解しています」ということを見せるためには、早すぎず、遅すぎずの相槌が大切です。相手の話すテンポを確かめながら行うようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する