1. 在宅の副業を行う前に知っておくべき事前知識!収入が時給換算で数十円に満たないこともある…

在宅の副業を行う前に知っておくべき事前知識!収入が時給換算で数十円に満たないこともある…

by U.S. Naval Forces Central Command/U.S. Fifth Fleet
 長引く不況による収入減の影響から、副業に興味を持つビジネスマンが増加してきています。本業で頑張っても収入アップが望めないのであれば、副業で少しでも稼いで収入の足しにしようというのは、正しい考え方とも言えるでしょう。

 副業を始めるにあたって、どのような点に注意しておく必要があるのでしょうか。今回は、在宅の副業を行う際に知っておくべき事前知識を紹介します。

思い通りに稼げるとは限らない

 副業で一儲け、という明るい気持ちに水を差すかもしれませんが、副業で稼ぐのは簡単なことではありません。そもそも稼げる商売であれば、専業で熱心にビジネスを行っているでしょうし、そうそうおいしい話は転がっていないものです。

 在宅の副業の一番のメリットは、面倒な通勤の手間がいらず簡単に始められることです。家計の足しにしたいからと副業を始めるのであれば、あまり大きな望みを持たない方が良いでしょう。もちろん才能さえあれば本業並みに稼ぐことも不可能ではありませんが、それ相応の時間と労力が必要になります。副業で稼げる収入は、あくまでも毎月の小遣い程度だと考えておいた方がいいでしょう。

時には損失が出ることも

 在宅の副業にもいろいろな種類がありますが、初期投資が必要な副業もあります。商品を安く買ってネットショップを経営しようと思った場合、仕入れにはそれなりの費用がかかるでしょう。

 商売は常に赤字になる危険性をはらんでいます。自分で率先して経営を行うような副業を考えている人は、初期投資が無駄になって損失が発生してしまうリスクを覚悟しておきましょう。

在宅の単価は安い

 在宅の副業の代表が、在宅ワークと呼ばれる内職です。在宅ワークにもいろいろな種類がありますが、どれもそれほど単価の高いものはなく、下手をすると時給換算で数十円に満たない可能性もあります。

 もちろん熟練者であればもっと高額を稼ぐこともできますが、なれない初心者のうちは全く効率が上がらず、労力に見合った報酬が受け取れないのが普通です。在宅ワークの単価は基本的には非常に安く、収入の柱にはならないような仕事ばかり。お金のためではなく、働くことそのものに意味を見いだせないのであれば、わざわざ副業を始めるだけの魅力があるかどうかは微妙なところでしょう。


 在宅の副業といっても、簡単に誰でも稼げるわけではありません。軽い気持ちで始めてしまうと思わぬトラブルに巻き込まれてしまい、かえって損失が発生ししまう恐れがあります。

 仕事を一度契約してしまえば、約束通りの作業を期日までに仕上げる責任が出てきてしまいます。自分の勝手な都合で途中で放り出すことは許されないので、最初によく検討してから仕事を受けるかどうか慎重に判断してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する