1. 実はしっかりとした根拠がある!多くの企業が「副業禁止」の規則を設けている理由

実はしっかりとした根拠がある!多くの企業が「副業禁止」の規則を設けている理由

 法律的には副業が禁止されていないのに、多くの企業では、規則として、副業をすることが禁止されています。多くの企業が副業を禁止しているのはなぜでしょうか?ここでは、多くの企業で副業が禁止されている理由を紹介します。

名誉が傷つけられる場合がある

 ビジネスの種類によりますが、例えば、銀行員が水商売の副業をするようなことがあると、会社としての名誉が失われる場合があります。副業の中には法律に違反するようなビジネスもあるでしょう。リスクを未然に防ぐという意味合いも副業を禁止する理由と言えます。

仕事に集中してほしいから

 企業が副業禁止を徹底している理由は、従業員に仕事に集中して欲しいからという理由が挙げられます。仕事が終わってから副業をすると、体力面と精神面で多くの負担がかかり、また、日常の作業にも集中して取り組むことができないでしょう。

社内の機密を守る

 社内のノウハウを利用されてしまうと、機密情報が漏れてしまう場合もあるでしょう。自分の会社だけが知りうる情報を利用して、副業を行ってしまうと、会社の信用が失われてしまう場合があるでしょう。機密を守るためにも副業を禁止することが重要なのです。


 ここでは、多くの企業が副業を禁止している理由を紹介しました。副業を禁止することには明確な意味があります。しっかりとメインの業務に集中する意味合いがあるようです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する