1. 「人付き合いが苦手…」は20歳まで!一歩踏み出して社交的になれば仕事が180度楽しくなる!

「人付き合いが苦手…」は20歳まで!一歩踏み出して社交的になれば仕事が180度楽しくなる!

by striatic
 ビジネスが人と人との関わりで行われるものである以上、社交性はとても重要な意味を持ちます。社交性を利用して、良い人間関係を築くことができなければ、ビジネスの上で有利な状況を作り出すことはできません。

 社交性を単なるコミュニケーションのためのものとしてではなく、ビジネスにおけるスキルの一つとして考えた場合、こんなにメリットのあるスキルは他にありません。社交性を生かして、ビジネスの質を高める努力をしてみませんか?今回は、ビジネスにおいて社交的であることのメリットを紹介します。

集団作業の効率が改善される

 ビジネスに関わる仕事のすべてを、一人でこなすことはできません。ビジネスの規模が大きくなればなるほど作業量は増えますし、自分一人では手に負えない仕事も出てきます。そんな時には周囲の人たちの力を利用して、ビジネスを上手に分業体制で進める必要がありますが、ここで役に立つのが社交的な性格です。

 社交的な性格の持ち主は、多くの人たちとすぐに打ち解け、良好な人間関係を築くのを得意にしています。集団でビジネスを行う時は何よりもチームワークが重要ですが、社交的な性格を利用してメンバーと良い関係を築くことに成功すれば、協力者はより仕事に対して情熱を傾けるようになり、集団のパフォーマンスは大きく向上するでしょう。

 人は仕事をするときに「この人の力になりたい」という意識を持っているときが最もパフォーマンスが高まります。自分自身のためだけに仕事をしようとすると、ついつい自分に言い訳をして手を抜きがちになってしまいがち。しかし、社交的な性格を利用して信頼関係を築いておけば、信頼に応えようとして仕事に対して前向きな姿勢になり、より良い仕事をするようになります。

人脈作りに効果的

 ビジネスをしていく上で重要な課題の一つが人脈作りです。優秀な能力を持ったビジネスマンや経営者と知り合うことができれば、今後のビジネスにとって何かとプラスに働きます。

 人と人との関係性を良好にする社交的な性格を持っていれば、初対面の人ともすぐに打ち解けることができ、パーティーなどに出席した時に効率よく人脈を築くことができるでしょう。

部下の能力を引き出せる

 上司と部下の関係性においても、社交的であることは大きなメリットになります。上司が社交的であれば、部下とのコミュニケーションもよりスムーズなものになり、細かい相談や悩みを気軽に打ち明けてもらえるような信頼関係を築くことができるでしょう。

 業務効率低下につながるような重大な問題であっても、トラブルの芽が小さなうちに相談されればすぐに対処できるので、より効率よく部下を管理しながら仕事を進めていくことができます。


 人付き合いが苦手、という方もいらっしゃるでしょうが、苦手なことを言い訳にしていてはいつまでたっても状況は変わりません。こころがけひとつで社交性は大きく変わります。まずは一歩踏み出すことから始め、少しずつ社交性を身につけていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する