1. 【社交性を身につける考え方】70点の関係性を意識すれば自然と人間関係は広がっていく

【社交性を身につける考え方】70点の関係性を意識すれば自然と人間関係は広がっていく

by USDAgov
 ビジネスにおいて、社交性は非常に重要な意味を持ちます。社交性持つことで人間関係を良好な状態に保つことができるようになり、初対面の人ともすぐに打ち解けることができるでしょう。社交性は重要なスキルではありますが、生まれつき社交的な性格ではない人はどうすればいいのでしょうか。

 実は社交性というのは、後からトレーニングすることで身につけられるスキルです。現在、社交性のなさに悩んでいる人は、常に社交性を意識した行動を心がけ、社交性の獲得を目指しましょう。今回は、ビジネスにおける社交性を身につけるために意識しておくべきことを紹介します。

ほんの少しだけわがままになる

 相手の気持ちに配慮して行動することは大切ですが、あまりにも先回りして気をまわしすぎてしまうと、結局何をやっても相手に失礼になってしまうのではないか、という思いにとらわれてしまい、こちらからコミュニケーションをとることが出来なくなってしまいます。

 自分の行動に自信を持ち、ほんの少しだけわがままになって積極的に行動してみましょう。こちらが相手に対して尊重する態度をとっていれば、多少強引な態度であっても相手は受け入れてくれるはずです。自分が社交的になるためには、他人に対する配慮をしつつも接客的にアクションを起こさなければなりません。

 受け身の姿勢は社交性の天敵です。多少強引に思えても自分から積極的に働きかけていくことでコミュニケーションのきっかけが生まれ、より良い関係を築いていくためのきっかけが作れます。

 もちろんアクションを起こした結果として相手が拒絶の態度をとった時は、素直に引いて失礼をわびましょう。きっかけづくりに多少のわがままは必要ですが、それ以上のわがままは控えるべき態度です。

苦手意識を持たない

 苦手意識とは先入観や偏見であり、交流範囲を狭めてしまうマイナスの意識です。何かに対して苦手意識を持ってしまうと、積極的にコミュニケーションを取ろうという意識が薄れてしまい、社交的になることができません。

 苦手意識の大部分は、根拠の弱い思い込みに過ぎません。苦手意識のある対象にあえて積極的にアクションを起こすことで、社交的な正確になるためのきっかけが生まれます。

ベストではなくベターな関係を

 社交的な人は、性格が合う人と良好な関係を築けるだけではなく、苦手なタイプの人ともそれなりにうまく付き合えるものです。どんなに社交性をもった人であっても、全ての人と満点の関係が築けるわけではありません。100点満点の関係が築けないのであれば、70点の関係を目指しましょう。

 多くの人は、すべての人との間に理想的な関係を築こうとするあまり、ストレスに耐えきれなくなってしまいます。人間関係では、そこそこの関係を維持することが最も重要です。良い関係が築ければ理想的ですが、それなりの関係には、それなりの価値があります。ベストではなくベターな関係を築くことが、ビジネスにおける社交性の持つ意味と言えるでしょう。


 社交性を利用して豊富な人脈を築くことに成功すれば、ビジネスを拡大したいときにも協力者や賛同者を集めることが容易になるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する