1. 【ビジネスにも役立つ英語の褒め言葉】これさえ覚えれば海外でのコミュニケーションもお手のもの!

【ビジネスにも役立つ英語の褒め言葉】これさえ覚えれば海外でのコミュニケーションもお手のもの!

【ビジネスにも役立つ英語の褒め言葉】これさえ覚えれば海外でのコミュニケーションもお手のもの! 1番目の画像

 英語でビジネスをする機会は、年々増加している。

 英語力の向上は大きな課題の一つだが、ビジネスの基本がコミュニケーションであることに変わりはない。

 上司と部下の関係において重要なコミュニケーションといえば「褒め言葉」だ。

 本記事では、意外と難しい、ビジネスで使える英語の褒め言葉を紹介したい。

【場面別】ビジネス英語の褒め方

 ビジネスシーンで相手を褒めることは、モチベーションに繋がるため非常に大切だ。

 場面別で、褒め方のポイントをしっかりマスターしよう。

【ビジネス英語の褒め方①】シンプルにほめる

 英語に自信のない方は、短いフレーズで効果的なほめ言葉を覚えておこう。

 最も基本的でシンプルな褒め言葉は、日本語の「いいね!」に当たる「Good!」だ。 

 「Good!」だけでは足りない場合は、「Very good!」や「Great!」が「すごいね!」に当たる。

 友人同士などに使える、多少カジュアルな表現は「Nice!」が挙げられる。

【英語の褒め言葉表現】シンプルな褒め方

  • Good!
  • Very good!
  • Great!
  • Nice!

【ビジネス英語の褒め方②】驚きながらほめる

 予想外の業績をあげた相手や、信じられないほど素晴らしいものを見たときは、驚嘆の気持ちを込めた表現で褒めたい。

 「Amazing!」や「Fantastic!」、「Superb!」などが、ふさわしい褒め言葉だ。

 日本語の「とてもすごいね!」に当たる。ここぞというときに、使ってみてほしい。

【英語の褒め言葉表現】驚いた褒め方

  • Amazing!
  • Fantastic!
  • Superb!

【ビジネス英語の褒め方③】仕事ぶりを褒める

 個人の成し遂げたことを褒めるの場合は、「よくやった!」に値する「Well done!」を使おう。

 相手の働きぶりを認めたときに使う褒め言葉であるため、目上の人に対して使うことは避けたい。

 「Well done!」は言われるととても嬉しい表現だ。友人や部下などに、ぜひ使って欲しい。



 本記事では、ビジネスシーンで使える英語の褒め言葉について紹介してきた。

 褒め言葉にはさまざまな種類があり、それぞれ褒める度合いやふさわしい場面が異なる。

 その場の状況に応じて、適した表現を使いたいところ。褒めることで、相手との距離も縮まるだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する