1. 【優秀な人材に共通する3つの特徴】年収1000万超えのビジネスパーソンに必要なスキル

【優秀な人材に共通する3つの特徴】年収1000万超えのビジネスパーソンに必要なスキル

by The Jewish Agency for Israel
 ビジネスで最も重要なのは、生産設備でもノウハウでもなく優秀な人材です。このような言説は珍しいことではありませんが、優秀な人材とはいったいどのような人材を指すのでしょうか。

 単純に仕事ができるだけの人材のことを、優秀な人材とは呼びません。優秀な人材に求められるのは仕事をこなす実務能力だけではなく、ビジネスに必要なあらゆる素質を身につけた人材のことです。そこで今回は、ビジネスにおいて優秀な人材に共通する特徴を紹介します。

1. 論理力がある

 論理力とは、物事を正確に分析し、ありのままの状態で理解するために必要な能力です。ビジネスにおいては、客観視という作業がとても重要になります。人間は自分の関わっている仕事についてはどうしても思い入れが生まれてしまい、良い点は過大にに欠点は過小に評価してしまう傾向にあるのです。

 もし仕事を捉えるときに、そのように誤った評価をしてしまうと、最適な戦略をとることができなくなり、利益を最大化することができなくなってしまうでしょう。

 しかし、論理力を身につければ、状態をあるがままの形で分析することができるため、余計な要素に捉われることなく、冷静に言分析することができます。優秀な人ほど仕事から先入観や偏見を上手に排除するもの。そのために必要な能力が論理力であり、優秀な人材共通する特徴となっています。

2. コミュニケーションがうまい

 優秀な人材ともなれば、仕事に必要な能力だけではなく、周囲の人たちと良好な関係を築くためのコミュニケーションにも気を使います。どのようなビジネスであっても、仕事をすべて一人でこなすことは不可能です。上司や同僚、部下と協力することができなければ、どんなに一生懸命仕事をしたところで成果は期待できないでしょう。

 チームのパフォーマンスを上げるためには、チームのメンバーとのコミュニケーションが欠かせません。コミュニケーションが上手な人物は自分のことだけではなく、他人にも気を配り、全員のパフォーマンスを高めながら仕事の質を引き上げる役割を果たしてくれるのです。

3. 先読みをする

 質の高い仕事をするためには、ただ誰かに言われた仕事をこなしているだけでは不十分です。現在の状況を分析し、今後必要なものは何か、どんな準備をしておけば効率を改善できるのかを常に意識し、誰かに言われる前に先読みして行動する能力が求められます。

 優秀な人材は必要な作業を常に予測し、誰かに支持される前に自分から率先して仕事をこなすもの。自主的な判断で仕事をすることができるようになれば、さらに仕事の効率を高めて良い仕事ができるようになるでしょう。


 優秀な人材とは、自分の仕事のことだけを考えず、周囲の人間と協力しながら仕事に当たるような人物です。そのためにはリーダーシップやコミュニケーション能力など、人間関係の構築に役立つ特徴を備えておくことが求められます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する