1. 荷物の重量にも気配りを!出張で飛行機トラブルに巻き込まれないための対策

荷物の重量にも気配りを!出張で飛行機トラブルに巻き込まれないための対策

by PhoTones_TAKUMA
 出張のために飛行機を利用する人は多いと思いますが、飛行機トラブルにあってしまうと出張の予定が大幅に乱れてしまいます。時間の遅れは日常茶飯事ですし、最悪の場合は生命の危険に直面することもあるでしょう。

 飛行機は便利である分、トラブルにあってしまった場合に受けるダメージも大きくなってしまいます。そこで今回は、出張の際に飛行機トラブルに巻き込まれてしまったときの対処法を紹介します。

搭乗前のトラブル:チケットの確認をお忘れなく!

 飛行機の利用は、搭乗前からトラブルの可能性がつきまといます。出発日は家を出る前に必ず天気予報を確認してください。大雨や霧であれば、離陸がずれ込む可能性が高くなりますし、台風や大雪ならば飛行機が欠航になっている可能性もあります。家を出る前は、必ずチケットを確認しておきましょう。

 LCCを中心にチケットのペーパーレス化がが進んでいますが、自分で手続きをしてチケットを手配していた場合、日付のずれや搭乗便の勘違いなどで間違った飛行機を予約している可能性があります。きちんと予定通りの座席が手配できているかどうか、最終確認をしてください。

 機内持ち込みできる荷物には制限があります。近年はテロ対策のために持ち込み荷物の規制が厳しくなっているので、荷物の大きさや重量だけでなく、持ち込み禁止の品物が含まれていないか確認してください。

発着に関するトラブル:余裕を持った行動を!

 飛行機に乗る時は時間厳守が鉄則です。遅刻した場合は置いていかれてしまうので、搭乗手続き開始時刻になったら、速やかに手続きを開始して飛行機に乗り込みましょう。飛行機は出発が遅れることがよくあります。搭乗予定の便が遅れている場合、こまめに状況をチェックしてアナウンスを聞き逃さないように注意して下さい。

 初めての空港では、必ずといっていいほど迷子になります。時間ぎりぎりで行動すると遅刻する可能性が高いので、余裕を持って行動しましょう。離陸が遅れているときは、航空会社のスタッフの指示に従ってください。ロビーで待つことを指示されることもあれば、機内で待機するように指示されることもあります。

 わがままを言って指示に従わない場合、不適切な客として搭乗を拒否される恐れがあるので注意が必要です。


 飛行機は他の交通手段よりも、安全対策や個人サービスに力を入れていますが、だからといってトラブルの可能性が低いわけではありません。飛行機トラブルと一口に言っても、状況によっていろいろなケースが考えられます。万が一の時にも冷静に対応できるように、あらかじめ飛行機トラブルを想定して対応策を考えておくことが重要です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する