1. 「ありがとう」を伝えていますか?仕事の感謝をメールで伝える方法

「ありがとう」を伝えていますか?仕事の感謝をメールで伝える方法

by AlicePopkorn
 沢山の人と関わって物事を進めていく仕事では、感謝の気持ちが重要です。仕事で何かをしてもらったり良くしてもらった場合はきちんと相手に感謝を伝えることが重要です。ここでは感謝をメールで伝える際のポイントを紹介します。

1. 具体的な内容を添えて感謝の言葉をつける

 メールの最後に「いつもありがとう。助かっています。」とだけ書くのでも良いですが、もっとうまく相手に感謝の気持ちを伝えるには、どの案件で、どのようなことしてもらって、どうありがたかったを簡潔に書きましょう。ポイントは、「簡潔に書く」です。ダラダラと文章を書いても、あまり相手へのインパクトはありません。

 もし、こういうことが、何回か繰り返されているのであれば、何回かに一度は、「今度お礼に食事かお茶(ケーキ)でもごちそうしますね。都合のいい日をあげてみましたが、いかがですか。」と付け加えておくことも効果があります。ただし、メールで言うだけでなく、本当に機会を設けないと、口だけの人になってしまいますので気をつけてください。

2. 口べたな人はとにかく想いを伝える

 メールを書くのも得意でない人は、ストレートに感謝の気持ちだけ伝えましょう。職場の同僚に「この前の資料、本当に助かった。感謝!」のような、普段の人柄がそのままでるような書き方をしましょう。そうすると、この人はメールが苦手だけど、精一杯感謝の気持ちを込めて書いてくれたんだと相手も理解してくれるはずです。

 件名に「ありがとう」、メール本文に「感謝!!」という感じでも、普段コミュニケーションが取れている間柄なら、わかってくれる範囲です。ただし、普段コミュニケーションをしっかり取れていない相手だと、ぶっきらぼうに思われてしまうので、気をつけましょう。

3.目上の人、社外の人の場合は丁寧に書く

 社内の目上の人や、社外の人にお礼のメールを出す場合は、丁寧な書き方をすることが基本です。口べたの人も、きっちりとした文章を書く必要があります。

 メールで、その人たちに関連する仕事の進捗などを報告した上で、最後に「先日の打ち合わせでは、非常に貴重なアドバイスを賜り、ありがとうございました。おかげさまで、より良い提案をすることができ、最終的に採用に至りました。これもひとえに○○様の忌憚のないご意見を頂戴できたおかげです。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。」といったような、具体的な内容が連想できる文面を記すとお礼のメールとしては合格でしょう。

まとめ

 いずれも、本当は、仕事助けてもらったりしたその直後に感謝の気持ちを直接相手に伝えるのが基本です。そして、後日も、顔を合わせた機会にでも、直接面と向かって「この前はありがとう」という方が良いのです。基本は、フェイス・トゥー・フェイスで行うほど良いということを覚えておいてください。それでも、そのタイミングを逸してしまうこともあり、後日メールで感謝の気持ちを伝えることはとても良い心配りなので、メールを活用して、感謝の気持ちは必ず伝えるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する