1. 組織の恒常的な活性化を図る!人事異動を行うことの目的

組織の恒常的な活性化を図る!人事異動を行うことの目的

by Takadanobaba Kurazawa
 人事異動は、企業人なら避けることができないことでありますが、その主たる目的は、人を異動させることで、組織を活性化させるという重要なことなのです。もちろん、マンネリ化しがちな日常のビジネス活動のも新しい血を取り入れることは、企業活動そのものを生き生きとしたものに復活させる意味もあるように思います。一般的な日本の企業では、例年4月と10月に集中して行われていますが、中でも4月は大規模に行う企業が多いようです。

人事異動の必要性

 人事異動は、同じ勤務地での異動もあれば、転勤を伴う異動もありますが、一般的に転勤を伴う場合には、生活基盤である住居の関係もあるため、比較的早めに内示をしてもらえるようです。同じ職場内での配置替えや、部署異動もありますが、職種が同じ場合はさほど問題も生じにくいようですが、職種変更の場合にはこれまでの経験が役にたたず、戸惑いながら異動していくことになります。

 人事異動により、企業側はもちろんですが、人事異動を経験した人材も、これまでと異なる新しい職場環境で、心機一転仕事に取り込めることは、むしろ人生経験の上でも貴重なものになるわけです。

人材の有効活用や組織再生も目的のひとつ

 人事異動などの機会を捉えて、企業は人材を有効的に配置するようにするものですし、後任を若返らせるような人事にすることもあります。つまり、都度活気あふれた組織体にすることは、企業を繁栄させる組織体を考える上で、必要不可欠なことなのです。顧客との癒着やマンネリを断ち切るためにも、また新しい人間関係を構築させることで、これまでにないような新しいビジネスを生み出したりと、その目的は多岐に渡っているのです。

まとめ

 人が成長することで組織も強固なものになります。その結果、組織はまた新しい息吹を吹き込まれ、活性化のメカニズムが動作していくのです。人材とともに企業は健全な成長と繁栄を継続させる責務があるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する