1. 【見た目のキレイさだけじゃない!】優れた"オフィス環境"に共通する3つの大切なコト

【見た目のキレイさだけじゃない!】優れた"オフィス環境"に共通する3つの大切なコト

by Phil.Claboter
 オフィス環境は、会社で働く人間にとっての重大な関心事の一つ。出来るだけ優れたオフィス環境で働きたいと考えるのは誰でも一緒ですが、どのようなオフィス環境を優れていると感じるのかは、経営者側と労働者側で意見の分かれるところです。

 優れたオフィス環境とは、一体どのようなものでしょうか。今回は、優れたオフィス環境に共通することについて解説します。

1. やっぱり健康が第一!

 オフィス環境は、人によって考え方が異なますが、健康的に働けるようなオフィスが優れた環境であることに、異論を持つ人は少ないでしょう。どんなに待遇の良い仕事であっても、オフィス環境が劣悪で健康を害してしまうような職場で働こうと考える人はいません。

 労働者から見れば健康的に働けないような、オフィス環境では自分の命を削りながら働くことになってしまいますし、経営者の視点に立って考えれば、健康的に働けないオフィス環境は、常に従業員の病欠リスクを抱えていることになるでしょう。

 健康的に働けるオフィス環境を実現することは、オフィス環境を考える際の基本。室内温度の調整や有害物質の排除、衛生管理の徹底等を行って、労働者が健康的に働けるようなオフィス環境を提供しなければなりません。

2. 安全面にも気を配って!

 オフィス環境に常に危険があるのであれば、その職場は快適な職場とは言えません。業務内容が常に危険をはらんだものである場合、安全性を高める取り組みがなければ、常に従業員は危険にさらされていることになってしまいます。

 安全管理を徹底し、安全意識を教育することでオフィス環境は向上し、安心して働ける安全な職場環境が実現します。安全性を高める取り組みは、一般的なオフィスであっても重要な取り組みです。

 オフィスに潜む危険とは、日常的な業務の中にもあるもの。同じ姿勢で長時間作業を強いられるのであれば、不良姿勢による頸椎や腰へのダメージが懸念されますし、備品の管理が甘ければ事故が発生する可能性もあります。業務に潜むあらゆる危険を排除し、安全に仕事ができる環境を提供することが、優れたオフィス環境の実現に繋がるのです。

3. もしもの時の備えも完璧にしておく!

 オフィス環境に関わる課題の中でも、近年急速に意識が高まってきているのが防災に関する備えです。二度の大震災の経験を踏まえて、オフィス単位で防災に対する備えをするケースが増加しています。

 災害発生時の行動マニュアル作成や耐震化の推進、防災用品の備蓄などを通じて万一の場合の安全性を高め、防災に強いオフィス環境を作らなければなりません。救急救命講習や防災対策研修などを実施して、環境面だけではなく従業員の意識面からの防災も重要になります。


 快適なオフィス環境とは、単に見た目がきれいなオフィスや、ゆとりあるオフィスということではありません。労働者が快適に働ける環境を提供し、あらゆるリスクに対して備えているオフィスが、本当に優れたオフィス環境といえるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する