1. キャリアアップに繋がるきっかけを掴もう!仕事をしていく中で忍耐力をつける方法

キャリアアップに繋がるきっかけを掴もう!仕事をしていく中で忍耐力をつける方法

by paul bica
 仕事をする中で、忍耐力がないと言われたことのある人は多いのではないでしょうか。仕事をしていれば辛いことや、やりたくないことはたくさん出てくるものでしょう。しかし、それでもこなしていかなければならないのが仕事です。今回は、そういった環境を生き抜いていくための「忍耐力」の身につけ方について紹介していきます。

1. 人のせいにしない

 忍耐力のない人の一番多いのが人のせいにすることです。仕事がうまくいかなかったといって私に恥をかかせるためにこんな仕事をさせたとか、なぜ上司がする仕事を私がしなければならないのかなどということは考えるべきではありません。頭でそういう風に思い始めると仕事に対する処理がお粗末になったり、仕事の道具を壊すなどのことが起きてしまうのです。

2. 疲れをみせない

 疲れている時は全てのことに関して何もしたくないものです。しかし、だからと言って周りの人やお客様まで不快な思いをさせてしまうような言動をしてしまうと、できる仕事もできなってしまうでしょう。そのため、忍耐力は疲れている時だからこそ必要なことです。また、忍耐力を見せたことで仕事場の人たちからの印象はぐっと上がるでしょう。

まとめ

 忍耐力が認められると仕事がしやすくなる可能性があります。もちろん忍耐力があるということを悪い上司に目をつけられてしまい、残業ばかりという可能性もあります。しかし、どんな仕事でも経験が大事です。忍耐力を強め、キャリアアップにつながるきっかけにしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する