1. 【競合調査に必要なフレームワーク】彼を知り己を知れば百戦殆うからず!

【競合調査に必要なフレームワーク】彼を知り己を知れば百戦殆うからず!

by Exothermic
 マーケティング活動などで、競合分析をする際にフレームワークを探したことのある人は多いのではないでしょうか。しかし、分析方法には様々なものがあり、それを一つ一つ試しているわけにはいきません。ここでは、その中の一つとして「3C分析」を紹介します。もしフレームワークを探しているのであれば参考にしてみましょう。

1. 3C分析

 競合調査を行う上でのフレームワークは、複数、世の中に存在し、知られていますが、ここでは、考慮すべきパラメータといいますか、主体や対象となるものの数が少なく、非常に簡便な「3C分析」を取り上げます。

市場 (Customer)

 市場規模や市場ニーズ、購買意向、購買決定者、購買決定プロセスなどの観点からの分析。

競合 (Competitor)

 競合状況について、主な競合企業、市場シェア、参入障壁、競合の強み・弱み、競合の経営戦略会社のイメージ、商品・サービスなどのイメージ、研究開発力、技術力、組織力、人的スキルなどの分析。

自社 (Company)

 自社の市場におけるポジション、市場シェア、自社の強み・弱み、会社のイメージ、商品・サービスなどのイメージ、研究開発力、技術力、組織力、人的スキルなどの分析。

 3C分析は、こういった三つの観点から、特有の市場特性や市場環境の中で、競合および自社の分析から、自社が勝てる戦略の立案に結び付けていくフレームワークです。

2. 分析の「後」のことも考えておこう

 「3C分析」のフレームワークを、上に記しましたが、フレームワークはテンプレートに過ぎません。競合分析で得られた競合企業の強みを真似することが自社の強みになるとは限らないのです。競合が真似したくない、真似すると競合が自滅するような自社の戦略を考えていくことが、「3C分析」の後に必要なステップとなります。

 以上が、競合調査を行う上でのフレームワークです。分析方法には今回紹介したもの以外にも様々なものがあります。いくつか見た上で、自社の状況にあったものを活用していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する