1. 上司から怒られているうちが華!「仕事で怒られてばかり…」という人が陥りがちな思考

上司から怒られているうちが華!「仕事で怒られてばかり…」という人が陥りがちな思考

by dzpixel
 新人の頃など、仕事について右も左も分からないときがあると思いますが、その頃に仕事で怒られてばかりの状態になると、ツラいものがあるでしょう。右も左もわからない状態で怒られていると、一体何について怒られているのか分からない…ということも起こったりします。

 一生懸命やっているのに、怒られてばかりだと、一定の方向に考えがいってしまいかねません。今回は、仕事で怒られてばかりという人が陥りがちな考え方と、それにまつわる対処法を見てみようと思います。

自分ばかり怒られていると勘違いする

 自分と同じ立場の人は怒られないのに、自分ばかり怒られると感じることもあるでしょう。確かに世の中には要領がよくて、怒られそうな場面の臭いを嗅ぎつけ、すっとその場からいなくなるという特技を持っている人もいます。しかし、考えて見てほしいのは、あなたがしようとしているのは、仕事で成果を出すことであって、怒られないようにすることが目的ではないはずです。

 人はポジティブな出来事より、ネガティブな出来事の方が、強く印象に残るもの。他の同僚も、実は怒られているかもしれません。しかし他人のことなので、あなたが気に留めていないだけかもしれないのです。

 自分ばかりが怒られていると捉えるのではなく、○○という失敗をした人は怒られるのだ。たまたま、○○という失敗をした私が怒られている。というように怒られている現実を捉えるようにしましょう。

人格を責められていると勘違いする

 仕事で怒られてばかりいると、少しずつ「自分はダメなやつなんだ」という気持になっていくかもしれません。しかし、怒られているとき、果たしてあなた全体がダメだと言われているのでしょうか。

 怒られている内容をよく聞いてみてください。言葉のうえでは、「だからお前はダメなんだよ」と言われているかもしれませんが、その前にあなたがしたことは、簡単な確認をとることをしなかった、そういったケアレスミスを何度か繰り返している、など具体的なことをしているのです。

 その具体的なことがきっかけで怒られているのであれば、怒っている人の意図は、「今後はきちんと確認をとるように」ということでしょう。あなたが人格を否定されたと感じる時点で、怒っている側の叱り方にも問題があるのかもしれませんが、受け取る側も相手の意図を正確に読み取る努力を怠るべきではありません。


 誰でも怒られるのはイヤなもの。しかし、どうでもいい人に対して怒る人はいないのです。何も言われなくなったら終わり…、怒られているうちが華なんだという意識を持ち始めると、また仕事に対する感覚も変わってくるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する