1. 目指せストレスフリー!心の安らぎを見出す仕事術

目指せストレスフリー!心の安らぎを見出す仕事術

by Don McCullough
 あなたはストレスと上手く付き合って生きていますか?もはやストレスと聞くだけで仕事のことを思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか?それほどまでに現代の日本は「ストレス社会」となっており、日々の息苦しさに悲鳴を上げる体に鞭を打って闘い続ける人も少なくありません。

 しかし、そんな生活を続けていてはいずれ心身ともに破綻してしまうでしょう。ここでは、ストレスフリーに仕事ができるような心の持ち方=マインドセット法を紹介しますので、是非役立ててください。

ストレスは本来必要なもの

 いきなり趣旨とは正反対の見出しに驚かれているかもしれません。しかし、ストレスフリーに仕事を行いたいのなら、ストレスとはなんぞや、という疑問を持つこと。敵を倒すには敵を知ることから始まるのです。そもそもストレスとは我々人間(もしくは動物)にとって非常に大切な感覚であり、本能が生存における危険を察知したときのシグナルとしての役割を持ちます。

 もしストレスをまったく感じないような体の作りだとどうでしょうか。生存を脅かすような危険な状態に身を置いても、ストレスが無ければそれを「避けたい」という欲求がも生まれてきません。結果考えられる最悪の答えは、死という運命なのかもしれません。このように、ストレスを感じるということは人間にとって大事な機能なんだと自覚した上で、ストレスフリーに仕事に臨める方法について考えていきましょう。

ストレスフリーなシステムを仕事に組み込む

 「もう給料が少なくてもいいから、とにかくストレスの無い仕事に就きたい」という声を時折耳にしますが、本当にあなたが携わる仕事そのものが「ストレス源」なのでしょうか?まずはそれを見極めることからです。もしかしたら、「あなたの仕事の取り組み方」に問題があるのかもしれません。

 そこで紹介したいのが、GTD(Get Things Done)という手法です。これは、仕事上のタスクを明確にし、その進捗状況を俯瞰的に把握できるようなシステムを仕事に導入することを、簡単な5つのステップによって行うことです。その日の自分のコンディションに左右されず、どんな仕事でも常に使える「行動の枠組み」をもつこと。そのためにGTDは非常に有効です。

 GTDに関する著書や記事はいたるところにありますから、あなたも今すぐにチェックしてみてください。これにより日々のストレスは目に見えて激減するだけでなく、創造的な思考に切り替えることができるので、より仕事でも良い結果を出せるはずです。

まとめ

 以上が、ストレスフリーに仕事が出来るような心の持ち方です。まずは、ストレスが本来必要なことだということを認識しましょう。そうするだけでもストレスは幾分軽減されるはずです。そして、その後は自分に合ったストレス対策を探し、より良い環境で仕事が出来るようにしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する