1. 役割を理解し適任者を選ぼう!プロジェクトチームを作る際に必要な役割

役割を理解し適任者を選ぼう!プロジェクトチームを作る際に必要な役割

by Stevie Rocco
 プロジェクトとは、独自のモノ(製品)、サービスを創造するために、はじめと終わりがある、すなわち、期限のある期間内におこなわれる業務です。他方、通常の営業活動、運用管理などはプロジェクトとは呼びません。プロジェクトを遂行するためにアド・ホックに集められ、組成されるチームのことをプロジェクトチームと呼びます。

 プロジェクトチームには、プロジェクトマネジャーがリーダーとなり、傘下に機能ごと、あるいは、サブプロジェクトごとにリーダーあるいはメンバー、スタッフなどを配置します。今回は、プロジェクトチームを作る際に必要な役割について紹介します。

1. プロジェクトマネジャー

 プロジェクトの統括責任者であり、プロジェクトの組織を組成し、プロジェクト運営全般の管理をおこないます。1プロジェクトに対して、1名のプロジェクトマネジャーを設定します。プロジェクトマネジャーは、プロジェクト運営の全体管理をおこなうことが主要業務ですが、同時に、プロジェクトチーム以外の関係者に対して、プロジェクトの現状報告、今後の計画などを報告します。

2. PMO (プロジェクトマネジメントオフィス)

 PMOは常にいくつものプロジェクトが実施されるよう、個々のプロジェクトのマネジメント支援を専門におこなうために設置された部署です。プロジェクトマネジメントの標準化、スケジュール管理、リスク・課題管理などをおこないます。

 全社共通の支援スタッフとしての役割は、進捗・課題管理などの管理標準の策定、標準シートの作成、会議体の運営、プロジェクトメンバー間の意思疎通を高めるファシリテーションなどが役割となる。

 また、スタッフとしてプロジェクトマネジャーの補佐の仕事、すなわち、総務、計画・調整の担当などもおこないます。PMOとして、プロジェクトマネジャーの補佐としては、プロジェクトの計画策定、先行業務の見当、グループ間、メンバー間の調整、プロジェクト・チーム外の関連部門との調整などが役割となります。

3. グループリーダー

 プロジェクトメンバーを統括するグループの責任者です。メンバーの行動とプロジェクトの方向性の差異をより具体的に調整します。

4. プロジェクトメンバー

 グループに所属しグループリーダーの傘下にあり、プロジェクトの実行を担当します。プロジェクトメンバーは、グループ単位の活動の中で、何らかの役割をもち、同じ目標・ゴールに向けて活動するメンバーです。プロジェクトメンバーは、プロジェクトの開始から終わりまで、工程によっては、人が入れ替わる場合もあります。

 以上が、プロジェクトチームを作る際に必要な役割です。プロジェクトの成功のためにはどれも欠かせないものです。それぞれがどういった役割なのかを理解し、適任者を配置しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する