1. 【ビジネスの強い味方!】急な英語対応にも安心な"ビジネス英語"が翻訳できる2つのサイト

【ビジネスの強い味方!】急な英語対応にも安心な"ビジネス英語"が翻訳できる2つのサイト

by Angela LLop
 英語が苦手な人にとって、仕事で回ってくる英語書類は難敵です。そもそも何が書かれているのかを正確に理解できなければ、書類を処理することは不可能です。職場に英語の得意な人がいれば翻訳を頼むこともできますが、英語ができる人が周りにいなければ自力で何とかするしかありません。

 英語で困った時の強い味方がビジネス英語が翻訳できるサイトです。今回は、急な英語対応にも安心なビジネス英語が翻訳できるサイトを紹介します。

1. Weblio翻訳

 Weblio翻訳は数ある英語翻訳サイトの中でもシンプルな画面で利用しやすいサイトです。Weblio翻訳はビジネス対応を強みにしており、わざわざサイト内に、

ビジネスでも英語翻訳
・医学、医薬などの医療関連の英語の論文を英訳や和訳したいとき
・特許などの専門分野のドキュメントを英訳や和訳したいとき
・金融や法律関係のビジネス向けのテキストを英訳や和訳したいとき

 と記載するほど、ビジネス関係の英語翻訳に強い自信を持っています。英文読み上げ機能や、ウェブページ翻訳機能、訳文を「です・ます体」「だ・である体」どちらにするのかを選べる機能など、実用には十分な機能が揃っています。

 単語のみを英和、和英辞典で調べることもできるので、文章を丸ごと翻訳するのではなく、単語の意味を調べながら英文を読みたいときにも便利なサイトです。

2. 翻訳比較くん with まとめて辞書検索

 このサイトでは英文を入力すると、複数の翻訳サービスを同時に利用して一括して翻訳することができます。サイトの英語翻訳サービスはサイトによって、機械翻訳の精度がバラバラで、必ずしも一種類のサイトだけで翻訳が完了するとは限りません。

 「翻訳比較くん with まとめて辞書検索」を利用して検索すれば、GoogleやYahooといった代表的なウェブ翻訳サービスを利用して一括翻訳し、複数の翻訳結果を一覧で表示してくれるので、それぞれの翻訳文を突き合わせながら、より正確に日本語の意味を理解することができるでしょう。

 残念ながら、いくつかのサイトでは翻訳エラーが出てしまうことがありますが、シンプルな操作で一括翻訳ができるので機械翻訳の精度に信頼が置けない時は、複数の日本語訳を参考にして自力翻訳に挑戦してはいかがでしょうか。



 サイトの翻訳サービスは機械翻訳を利用したものであり、必ずしも日本語として正確な翻訳が保証されるものではありません。直訳に近いおかしな翻訳が出ることもありますが、それを参考にすれば自力翻訳の労力を大幅に軽減できます。英語が苦手な人でも翻訳サイトを活用すれば、ビジネス英語の処理も問題解決です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する