1. まずは人の話を聞くことから始めよう!相手に好印象を与える話し方のコツ

まずは人の話を聞くことから始めよう!相手に好印象を与える話し方のコツ

by xiu×5
 仕事で相手に好印象を与える方法には多くの方法が挙げられます。その中でも話し方は、ビジネスシーンで重要視されるものの一つです。コミュニケーションはビジネスにおいて必要不可欠なものですよね。ここでは、仕事で相手に好印象を与える話し方のコツについて述べていきます。

笑顔で話す

 仕事で好印象を与える話し方のコツは、まずは「笑顔で話すこと」です。笑顔で話すと人と怒って話す人のどちらの方が、印象良く映りますか。ほとんどの方が、笑顔で話す人と答えることでしょう。

 しかし、簡単に笑顔と言っても、ニヤニヤした笑顔や無理やり作った笑顔では逆効果になってしまいます。そうならないためにも、普段から自分の自然な笑顔がどのようなものであるかチェックするように心がけましょう。

相手の目を見て話す

 2つ目の仕事で好印象を与える話し方のコツは、相手の目を見て話すことです。これも簡単なことですが、多くの日本人の方が未だに苦手としていることでもありますね。

 しかし、相手の目を見て話すことで「自分がこのことを真剣にあなたへ伝えたい」ということを明示できます。こうした理由により、好印象が与えられるのだと思います。相手の目を見るといっても、ずっと相手の目を見ているのは難しいかもしれないので、その時は相手の首もとあたりまで視線を落としても同じような効果は発揮されると思います。

人の話をきく

 3つ目の仕事で好印象を与える話し方のコツは、人の話をしっかりと聞くことです。仕事で好印象を与えるために、自分が話す時だけに焦点を当てるのは良いことではありません。なぜなら、コミュニケーションは、言葉のチャッチボールであるため、相手の話を聞くことも非常に重要だからです。

 そして、自分の話をしっかりと聞いてもられたと思えたら、話を聞いてくれた人に好印象を持てるはずです。人の話を聞く際には、話の途中で口を出さないで、まずは相手に話したいことを全て聞いてから意見がある場合は発言するようにしましょう。聞いている途中は、軽く相槌を打つ程度で、相手が話終えてから質問なり意見を言えばスマートな会話が出来ますよ。

 
 仕事をしていく上で、どうしても避けることの出来ない「コミュニケーション」もほんの少しの工夫をすることで大きな成功につながっていきます。上記のことを参考に話し方のコツを習得しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する