1. 考えすぎる性格を直したいビジネスマンへ!常にプラスのことを考える癖をつけておく

考えすぎる性格を直したいビジネスマンへ!常にプラスのことを考える癖をつけておく

by Michel Teló
 考えすぎる性格を直したい。そんな気持ちがある人は、今すぐにでも思考の改善を始めましょう。性格を直すのは難しい作業ではありますが、考え過ぎという性格はしっかりとプロセスを追えば十分に改善可能です。今回は、考えすぎる性格を直したいという人が変えるべき考え方を紹介します。

1. 注目するのはマイナス面からプラス面に

 何か物事と考えるときに、最初にマイナス面を見てしまう性格の人は、細かいことにばかり気を取られてしまう考え過ぎの傾向があります。どのような物事であっても、必ずプラス面とマイナス面の両方があるものです。

 せっかくプラス面があるのにマイナス面のみにこだわっていると、失敗したらどうしよう、損したらどうしようとネガティブな意識に捉われるようになり、本来考えなくてもいい余計なリスクまで考えすぎることになります。プラス面に注目して考えるようにすれば、自分の思考に楽観的な部分が生まれ、細かいことをあれこれ考えすぎる性格から脱却することができるでしょう。

 マイナス面を考えすぎるあまり、プラス面を活かせなくなってしまっては、メリットの大きさを行かせず不利益ばかり被ることになってしまいます。何かを考えるときはマイナス面から入るのはやめ、プラス面に注目してポジティブシンキングを心がけましょう。

2. リスクマネジメントを考える

 自分に何か不幸が降りかかったらどうしよう。そんな考えは大小の差はあれど、誰でも考えているもの。万一の事態を常に意識しておくことは重要ですが、未来の不確定な要素である分想像はどんどん膨らんでしまい、ついつい考えすぎることになるのは仕方のないことです。

 万一の事態を考えすぎる性格を直したいのであれば、あらかじめ想定される事態に対する準備を備えておくべきでしょう。雨が降ったらどうしよう、という悩みを考えすぎないようにするためには、外出時に傘を持って出かけるのが一番適切な対処法です。

 自分の力ではどうすることもできない事であっても、きちんと対策を取ってリスクマネジメントをしておけば、精神的なストレスは軽減され、考えすぎるような性格を直すことができます。

3. 周囲の評価を気にしない

 もし失敗したら評価が下がってしまう、そんな気持ちに捉われていては仕事で考えすぎるのも当然です。周囲から評価される人間になりたい、という前向きな気持ちは称賛に値しますが、評価とは行動の結果に対してついてくるものであり、最初から評価のことばかり気にして行動できなくなってしまっては本末転倒です。

 考えすぎて仕事を停滞させていれば、しばらくの間は周囲の評価は下がりませんが、一向に前進しないようだと、かえって失敗するよりも低い評価が付けられてしまいます。考えすぎて行動できないよりは、素早く行動してしまった方が評価につながることも珍しくありません。評価は行動に付いてくるものですので、あまり考えすぎると評価を失う可能性があるので注意してください。


 考えすぎる性格を直したい。その気持ちを強く持っていれば、性格を変えることは不可能ではありません。重要なのは、自分にはどうすることもできないことに対しては無責任になることです。

 いい加減に感じるかもしれませんが、自分の力の及ばないことを考えていたところで何の意味もありません。すべてのことを自分のこととして考えず、時には無責任になるのも大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する