1. メール等の他のコミュニケーションツールも効果的!口下手な人と仕事をする際に注意すべきこと

メール等の他のコミュニケーションツールも効果的!口下手な人と仕事をする際に注意すべきこと

by 4510waza
 ビジネスシーンにおいて、取引先や職場、お客さんなどの様々な人に関わる機会は多くあります。そんな中で、どのようなタイプの人ともコミュニケーションをとる必要がありますよね。しかし、人にはコミュニケーションが得意な人も不得意な人もいるものです。ここでは、口下手な人と仕事をするときに意識すべきことについて述べていきます。

相手を知る

 「口下手かもしれない」と思う人と仕事をする際には、相手を知ることから始めましょう。一言で「口下手な人」と言っても、人見知りであったり元々無口であったりとその内容は人それぞれです。

 まずは挨拶を交わしていき、徐々に会話を増やしていきましょう。その過程で人見知りであるのか、もともと無口であるのかが分かってきます。もしその人が人見知りであった場合は、徐々に心を開いてくれるため、自然と口数も増えていきます。

 もし、無口であった場合はあまりこちらから会話を持ちかけすぎることは良くありません。相手の表情を伺いながら、相手が「はい」または「いいえ」で応えられるような形式で会話をするようにすることをオススメします。

会話以外のコミュニケーションを併用する

 仕事においては直接の打ち合わせや電話の他にも、メールや文書などの様々なツールがあります。口下手な人にとっては、直接会話でコミュニケーションを取るよりも会話意外のコミュニケーションツールを併用する方が良い場合もあります。

 机の上にメモを置いておいて、相手に確認してもらったうえで相手の気持ちがまとまってから打ち合わせを行うという方法もオススメです。あまり急ぎでない要件であれば、会話よりもその他のコミュニケーションツールを使用することで忘れてしまうというミスも防止出来るため、状況に応じて方法を使い分けるようにしましょう。


 口下手な人と共に仕事をすることになった場合は、上記のことを意識してあまり構えたり、気を遣いすぎることのないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する