1. 時代の変化に対応するにはなにが必要?先入観にとらわれない「ゼロベース思考」のメリット

時代の変化に対応するにはなにが必要?先入観にとらわれない「ゼロベース思考」のメリット

by ChrisK4u
 問題や課題について解決策を検討する際に過去の経験や先入観が思考の邪魔をしてしまうというケースは珍しくありません。人間は基本的には無意識下のうちに過去の経験などに頼るようになっていることから、特に意識をしなければ通常はそうした経験や先入観に強く影響を受け選択肢を選んでしまいがちです。

 もちろん、こうした過去の経験や先入観に従い選択することはすべてが誤っているわけではありません。経験や先入観のおかげで危機的状況を回避できるというケースも多いでしょう。その一方で過去の経験や先入観を排して考える、いわゆる「ゼロベース思考」を実践することのメリットも忘れてはいけません。そこで、以下ではゼロベース思考を実施するメリットについて紹介していきます。

1. 難しい事態への対処

 ビジネスで直面する問題や課題は、過去に事例のない難しい事例であることも多くあります。そんな時、過去の経験に頼る思考法を用いてもなかなか問題を解決することは難しいでしょう。

 こうした際にゼロベース思考は非常に役に立つツールとなります。例えば、「この問題を解決するのは無理だ」という結論に至った場合、従来の思考では諦めてしまったかもしれませんが、ゼロベース思考を取り入れ、なぜ「無理だ」と判断したのかについて考えてみます。

 すると、「時間が足りないから」「一人では不可能だから」といった無理と判断した要因が出てくるでしょう。無理だと判断した要因さえ掴むことが出来れば、後はその要因1つ1つに対して対策を講じていけば良いことになり、結果的に問題解決に繋がるはずです。一旦、無理だと考えていた枠組みを外して考えてみれば、新しい解決策への道が開ける可能性があるということを覚えておきましょう。

2. 目的が明確にしやすい

 もう1つゼロベース思考を取り入れるメリットとしては、問題や課題の目的が明確にしやすいという点です。過去の経験に基づき、問題解決への対策を考えていった場合、どうしても過去の対策を忠実に再現しようとする意識が働いてしまい、今の問題解決には適さない部分まで適用してしまうケースが少なくありません。

 これでは「以前、こうして成功したのだからまた同じようにすれば良い」という思考停止の状態になっていると言え、本当の目的から逸れてしまっていると言わざるを得ないでしょう。一方、全てを白紙化して考えるゼロベース思考では、常に何を目的として問題解決をしようとしているのか問い続けることになるため、目的がより明確になります。

まとめ

 現代の社会は従来の社会に比べ、変化のスピードが速くこれまでの経験則に則った思考だけでは物事に対処できないケースも多くみられるようになってきています。こうした現状の変化を踏まえると、これから社会でキャリアを積んでいくにはゼロベース思考を身に付けることが重要と言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する