1. 判断力・発見力・コミュニケーション力が身につく!?自分磨きが仕事の効率に与える影響

判断力・発見力・コミュニケーション力が身につく!?自分磨きが仕事の効率に与える影響

by osamukaneko
 仕事のビジネスキルのひとつ、向上心による自分磨きは自分のスキルを向上させるだけではなく、仕事の効率を上げることにも効果的です。では、自分磨きによってどのような効果が期待するのでしょうか。ここでは、自分磨きがどのように仕事の効率化に影響を与えるのか説明していきます。

判断力が身につく

 効率化のためのアプローチは色々とありますが、スキルとして求められるもの一つに「先を読む力」が挙げられます。先々の手順を考えた上で今できること、そしてその次にすべきことを決めていくことにより、時間を短縮し無駄を省くことが出来ます。

 そして、その先を読む力は自分磨きの中で養うことが出来るのです。最初のうちはホウレンソウの報告によって、その適切な対処をアドバイスされますが、自分磨きを重ねていくと自分自身で判断出来るようになります。そしてそれが、先を読んでいかに最短距離で仕事を進めればよいのかという判断につながっていくのです。

細かく気づく発見力が身につく

 自分磨きを続けていると「気づく力」が養われていきます。これも基本的なビジネススキルであり、向上心を持って取り組む中で身につけることができるスキルです。その気づきを持って、仕事の流れの中で無理や無駄がないかどうかを発見することが出来るようになります。

コミュニケーション能力の向上

 自分磨きで得られる効果に、「コミュニケーション能力の向上」があります。これも基本的なスキルのひとつであり、若手からベテランに至るまで必須な能力です。そして仕事の効率化の中にも、このコミュニケーション能力を必要とする場面が出てきます。仕事が立て込んでくると、どうしてもこなしきれない仕事を誰かに頼んだり、または頼まれたりするもの。

 その際には、コミュニケーションの能力が必要となってきます。出来そうもない仕事を頼まれた時、みんなが忙しい時に仕事を頼む時、どのように持ちかけるのかという能力です。また、ひとつのプロジェクトを任されたならば、メンバー全体の効率化を図ることにおいても、コミュニケーション能力は必要となってくるのです。


 自分磨きを行った結果のスキルアップが仕事の効率化に繋がっていくのです。自分磨きをしようと考えている人は、上記のことを参考に頑張ってみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する