1. うわっ…私の残業代、少なすぎ…?みんなの残業代の平均額を調べてみた

うわっ…私の残業代、少なすぎ…?みんなの残業代の平均額を調べてみた

  • 81573views
  • 1fav

 会社に勤める上で絶対に避けられないものの一つである残業。最近「残業代ゼロ」という案が出されたり、何かと残業代を意識する機会が多くありますよね。残業代が正しく支払われていればいいけど、きちんと支払われているの?と誰もが疑問に思った事があるでしょう。基準が分かりづらいものであるからこそ心配になってしまうものです。今回は、果たして世の中の人がどれくらいの残業代を貰っているのか、基準を明らかにするために平均額を見ていきましょう。

みんなの残業代事情

20代の1ヶ月あたりの平均残業時間は27.8時間、平均残業代は3万2815円でした。

出典:20代の残業事情 | 20代の”はたらき”データベース『キャリアコンパス ...

 つまり、20代の1時間あたりの平均的な時給は「約1180円/1時間」ということです。

メディア関係に勤める20代のAさん

 メディア関係とは一口にいっても、新聞や雑誌、テレビやラジオに携わる様々な人がいます。マスコミ関係は多くある業界のなかでも残業や時間外労働が多いことで有名ですよね。では一体、Aさんはどれくらい残業していくらの残業代を貰っているのでしょうか。

1ヶ月あたりの平均残業時間は31.0時間、平均残業代は4万8125円。

出典:20代の残業事情 | 20代の”はたらき”データベース『キャリアコンパス ...

 平均的な時給は「約1552円/1時間」となります。20代の平均的な時給と比べてみると+372円と平均的な残業代よりも高いことが分かりますね。

小売/外食業に勤める20代のBさん

 小売業と言うと、百貨店やスーパーマーケット等の私たちの生活に密着した業界です。しかし、身近な存在でありながらもその現状については把握出来ていないことが多くあります。Bさんの残業事情はどのようになっているのでしょうか。

1ヶ月あたりの平均残業時間は32.3時間、平均残業代は1万9404万円。

出典:20代の残業事情 | 20代の”はたらき”データベース『キャリアコンパス ...

 平均的な時給を見てみると「約600円/1時間」という数字が出てきます。先ほどのように20代の平均的な自給と比べてみると−952円、そしてAさんと比べてみると−580円です。

 同じ世代である会社員のAさんとBさんは明らかに大きな差が開いてしまっています。では、最後に管理職のCさんの残業事情を見てみましょう。

管理職のCさん

 管理職とは、課長以上の役職の人を指します。実は、管理職につとめるCさんはいくら長い間残業をしていても1円も残業代を貰っていないのです。「これって法律的に大丈夫なの?」と疑問に思いませんか。

(労働時間等に関する規定の適用除外)
第四十一条  この章、第六章及び第六章の二で定める労働時間、休憩及び休日に関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない。
一  別表第一第六号(林業を除く。)又は第七号に掲げる事業に従事する者
二  事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者
三  監視又は断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受けたもの

出典:労働基準法

 つまり、労働基準法によると管理職であるCさんに会社側は残業代を支払う必要がないということが分かります。

残業代ってこんなに差が開いてて大丈夫なの?

 前項でみたように、AさんとBさんで差が開いてしまっていますが、それは法律的に違法とはならないのでしょうか。検証してみましょう。
 まず始めに、会社には「就労規則」というものがあります。これは、会社独自の労働時間や賃金等の基本的な決まりが定められているものです。この「就業規則」に会社が「所定労働時間」を定めていて、それからオーバーした労働時間が「時間外労働」にあたります。

 時間外労働=残業となった場合は、割増が加算されます。計算の仕方は以下の通りです。

(1ヶ月の給与÷1ヶ月の平均所定労働時間)×割増率×残業時間=残業代

出典:第2回給与計算教室 ~残業代を計算してみよう - みんなの給与計算教室

 このようにして残業代は計算される訳ですが、AさんとBさんでこの計算方法を使用して残業代を求めたとしても、残業代には差が生じてしまうのです。なぜなら、1ヶ月の給与と1ヶ月の平均所定労働時間が会社によって異なっています。

 1ヶ月の給与と一言でいっても、その中には支払わなくてもよい手当が多く存在していて、会社によってはその手当(例えば家族手当や通勤手当等)を全て払う会社もあれば全て払わない会社もあります。

 1ヶ月の平均所定時間労働は会社の休みの日数が数字を左右するため、そこでも会社によって違いがあるのです。


 自分が貰っている残業代と比較してみてどうでしたか。上記のことから、労働基準法をしっかりと守っていても会社や職業によって残業代には多くの差が開いてしまうということがわかりますよね。会社の規則によってはどうにもならないことも多くありますが、自分の会社の「就業規則」を見直してみることで答えが見えることがありますよ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する