1. 一人で仕事をしている気になっていませんか?いつも仕事に追われるという人の状況改善方法

一人で仕事をしている気になっていませんか?いつも仕事に追われるという人の状況改善方法

by Vince Alongi
 もしあなたが頑張って仕事をしているはずなのに仕事に追われるばかりでちっとも状況が改善しない、という悩みを抱えている場合、効率改善のための取り組みが不足しているのかもしれません。

 仕事に追われる状況が続いているのは、あなたの仕事能力が不足しているのではなく、仕事の管理そのものに問題があるかもしれません。能力頼みで手当たり次第に片付けているだけでは、いつまでたっても仕事に追われる環境を抜け出せません。

 効率を改善するためには、どのような努力が求められるのでしょうか。今回は、いつも仕事に追われるという人のための改善の仕方について解説します。

1. 仕事に優先順位をつける

 仕事に追われる状況が続いているとはいっても、回ってくるすべての仕事が重要なものであるケースはごく少数でしょう。忙しい原因のほとんどは、些末な仕事に追われているからであり、本当に重要な仕事にのみ集中することができれば、成果を落とさずに仕事の効率改善をすることができます。

 仕事に優先順位をつけることで上手に仕事を処理できるようになり、仕事の結果として生じる利益をより大きなものにすることができます。誰でもできるような仕事、やらなくてもいいような仕事は後回しにして、自分にしかできない大切な仕事の優先順位を上げ、優先的に処理するように心がけましょう。

 仕事の優先順位を上手につけられるようになれば、全体を見据えてスケジュールを組むことが可能になります。細かい仕事に振り回されず、自分にしかできない仕事に全力を傾けることが効率改善のコツです。

2. 人を上手に使う

 優秀な人ほどあらゆる仕事を自分で処理しようと考えてしまいがちです。率先して仕事をする姿勢は称賛に値しますが、仕事を抱え込んだ挙句、納期に追われる状況を自ら作り出してしまっては意味がありません。

 仕事をするということは、すべての作業を自分一人で終わらせることではありません。部下や同僚、ときには上司にも協力を依頼し、自分でなくともできる仕事はどんどん他人を使って処理することが重要です。

 優秀なビジネスマンとは、個人の力だけでなく利用できる人はどんどん利用します。あなたが仕事に追われている状況でも、他の人には余裕があるかもしれません。一人にだけ過度な負担がかかるような仕事の進め方は、褒められたものではありません。もしあなたが病気にでもなれば、影響が出る仕事の範囲は抱えていた分だけ広くなってしまいます。

 リスクを分散する意味でも、仕事を上手に他の人に割り振って、すべてを自分で処理しようという考えは捨てましょう。

まとめ

 いつも忙しさを口にしている人は、どこの職場にもいるものですが、忙しさの原因を作り出しているのは、ほとんどの場合忙しいといっている本人です。重要なのは効率を改善するための取り組みであり、より優れた仕事の枠組みを作ること。まずはいったん手を止めて、自分の仕事の進め方をもう一度見直すことから始めましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する