1. 採用面接で最も聞かれる質問は何?これから面接を受ける人のための質問頻度ランキング

採用面接で最も聞かれる質問は何?これから面接を受ける人のための質問頻度ランキング

 就職活動や転職活動をしているとき、面接でどのようなことを聞かれるのかが気になりますよね。ここでは、採用面接を受ける人のために、質問の頻度をランキング形式で紹介します。

4.「今まで一番苦労したことは何ですか」

困難や苦労に直面した時、場当たり的・衝動的に行動したり、そのまま投げ出してしまう学生は当然評価が低いです。仕事は苦労や困難の連続です。その度に、自分なりに必要な対策を考えて乗り越えていける人材を企業は求めています。

出典: 面接質問対策「今まで一番苦労したことは?どう克服した ... - 就活の手引き
 仕事をしていく中で、どうしても難しいことに直面してしまうことがあります。そのような困難をどのように克服するのかを企業は知りたがっています。

○○だったけど、結果的に○○だったということをポジティブに言えればOKなので、あまり特殊な状況についてではなく、簡単な説明で済むような出来事を、さらっとまとめるかんじで。

出典: 面接対策③「仕事をしていて、困った経験、苦労した経験を教えてください 」
 ネガティブな話になりがちですが、ネガティブに終始するよりかは、最終的にどう克服したのか、そして何を得られたのかを中心に話を組み立てましょう。

3. 「企業選びの軸を教えて下さい」

どのような基準で企業を選んでいるかを知ることで、その学生の職業意識や価値観をチェック

出典: 面接道場 志望動機 質問4 会社選びの基準を教えてください
 多くの企業を受けているということは面接官も知っています。その中で、どのような会社に絞って企業選びをしているのかは、その人の価値観や仕事に対する意識として会社として知りたいことのようです。

自分の望んでいるライフスタイルと仕事との関連性を元に答えるとよいだろう。

出典: 「あなたの、企業選びの基準を教えてください」
 「どうしてその企業を受けたか」というよりも、自分がどのような仕事をしたいのかが重要になるようです。自分の経験に基づいた回答をしたいですね。

2. 「あなたの強みと弱みを教えて下さい」

 自分の長所と短所をきちんと知っているのかどうかということは、企業として、知っておきたいところになるでしょう。

・強みとは、志望企業の仕事をする上で役立つ自分の能力・知識・経験・資質のこと
・弱みとは、志望企業の仕事をする上で足りない自分の能力・知識・経験・資質のこと

出典: 面接で「あなたの強みは何ですか。弱みは何ですか」と ... - アメーバブログ
 自己分析をすることが重要になりますが、言葉を置き換え、自分がしたい職業について分析するといいのではないでしょうか。

1. 「自己紹介をお願いします」

 これは、もはや定番というか100%聞かれる質問と言えますね。逆にここで大きく差を付けられた人は、その後の質問もうまく答えられそうです。

話が長いとNGです。相手の方の顔や表情を見ながら話しましょう。3分以上話すと、まず飽きられると思います。稀にいくら話をしても面白い方がいます。このような方であれば別かもしれませんが、ほとんどの自己紹介は退屈です。

出典: なぜあの人はなかなか転職できないのか 面接でやってしまった失敗事例 ...
 自己紹介は最初の質問ですし、アガってしまいよく話せなかったという事態、または話しすぎる事態になりがちですが、相手が退屈してしまうような長い自己紹介はご法度です。

自己紹介は簡潔にしてください。目安は30秒、1分を超えると長いです。氏名、年齢、出身校、部活、趣味をサっと話して、「以上、簡単ではありますが、何か質問がありましたらお願いします」と、質問を求めてください。

出典: 就活生向け、「面接ウケがいい自己紹介と、悪い自己紹介」 | 就活の手引き
 自己紹介は簡潔にして、自分のプロフィールをカンタンに言うぐらいで十分と言えます。


 採用面接で聞かれる質問の頻度ランキングを紹介しました。多く聞かれる質問はマストで押さえておきたいところ。しっかりと対策しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する