1. シンプルさが大事!好印象を与える自己紹介のポイント

シンプルさが大事!好印象を与える自己紹介のポイント

by JefferyTurner
 色々な場所で、ちょっとした自己紹介を求められることもよくあるでしょう。そんな時に、好印象を与えればその後の話も一気に有利に進められます。自己紹介で好印象を与えるにはどうすればいいでしょうか。

まっすぐな姿勢、はっきりとした話し方

 やはり人間の第一印象は見た目で決まります。話すときは姿勢をまっすぐ伸ばして、頭を下げずにしゃべりましょう。また、意外に見落としがちなのが手癖です。話しているときの手は、体の横か後ろにしっかりつけて変に動かさないようにしましょう。

 発声は、普段より少し明るめのトーンの方がいいかもしれません。緊張するのもわかりますが、気持ちゆっくり目で話すと、内容が良く伝わるし、落ち着いた人だという印象を与えることもできます。

ポジティブな話題を一つだけ

 自己紹介で基本的な情報以外のこともしゃべれるのなら、やはり自分の趣味や好きなことを話すと良いでしょう。嫌いなことや苦手なものなどのネガティブな話題は、初対面ではマイナスに受け取られがちなので、避けた方が無難です。

 趣味を話すときは、好きなものを一つと、その理由だけ話すと有効です。あまりたくさんの趣味を話すとイメージが散漫になってしまうし、優柔不断だと受け取られてしまいます。情報は明るく、シンプルにを心がけてください。


 いかがでしょうか。自己紹介で好印象を与えるには、やはり基本に忠実であることが大切です。自分の本心を素直に伝えて、これから仲良くなりたいと思ってもらえるような自己紹介をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する