1. 最善策以外にも2つ方法を考えよ!テキパキと仕事をこなす冷静な人に共通する特徴

最善策以外にも2つ方法を考えよ!テキパキと仕事をこなす冷静な人に共通する特徴

by Abby Yi
 仕事でテキパキと仕事をこなす冷静な人は、上司であれば頼もしく、同僚であればよきライバルとして刺激しあう存在になります。誰でも仕事でテキパキと仕事をこなす冷静な人になりたいと思いますが、現実にはなかなかうまくいきませんよね。ここでは、是非参考にしたいテキパキと仕事をこなす冷静な人の特徴について述べていきます。

余裕を持った計画を立てる

 仕事でテキパキと仕事をこなす冷静な人は、効率よく仕事をこなすために最善の計画を立てているものです。目の前にある仕事に計画もせずに、片っ端から手を付けているだけでは、仕事の効率改善は望めません。

 仕事の締め切りや優先度、重要性などを総合的に判断したうえで計画を立てているからこそ、仕事の量が増えてもあわてることなくテキパキと冷静に仕事をこなす事ができるのです。

 さらに、仕事でテキパキと仕事をこなす冷静な人が立てる計画には、ある程度の余裕が確保されているものです。計画に余裕を持たせておくことで予期せぬトラブルにも柔軟に対処できるようになり、あわてることなく冷静に計画を変更して仕事を進めることができます。余裕を持って仕事をすることが冷静さを保つことに繋がり、テキパキと効率よく仕事ができる環境を作り上げるのです。

常に先を読む

 仕事で常に先を読んで行動していれば、状況に変化があったとしても慌てることなく冷静に対応することができます。自分の思い込みや希望的観測だけで仕事を捉えてしまうと、予想外の事態に全く反応できなくなってしまいます。

 客観的に集めた情報を分析し、感情を交えずに未来を予測することが、安定した仕事ぶりにつながっていきます。

方法を三つ考える

 仕事でテキパキと仕事をこなす冷静な人は、問題の解決方法を考えるときに最善の一つを考えるのではなく、異なる視点から見た三つの解決方法を考えます。

 「常識的な方法」「自分が最も得をする方法」「相手の利益が最大になる方法」この三つを常に意識することで状況に応じた解決方法をとることが可能になり、目の前の利益だけでなく長期的な視点に立った仕事ができるようになります。


 冷静に判断を下したり、冷静に仕事をこなすことを難しいと感じている人は、上記の冷静な人の特徴を知ることで、少しでも改善する方向に向かうことができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する