1. 【基礎知識】最近何かと騒がれている「成果主義」理解出来ていますか?

【基礎知識】最近何かと騒がれている「成果主義」理解出来ていますか?

by Alfred Weidinger
 最近のニュースでは、「成果主義」という言葉を耳にする機会が増えてきましたね。現在の総理大臣である安倍首相が労働時間の規制を図って、成果主義を導入した仕組みの検討を提案したことが大きな要因のひとつでしょう。ここでは、そもそも成果主義は何であるかという、成果主義の概要について述べていきます。

成果主義とは

 成果主義とは、給料制度にかかわる問題です。現在の日本では、時間や立場に応じて給料が変化しています。それとは異なって、成果つまり「どれだけ会社に貢献をする仕事を出来たか」ということを基準として給料に変化が生じるというものです。

 つまり、いくら長く働いても良い仕事が出来なければ給料は低く、短時間であっても会社に大きな貢献をすることが出来れば高額の収入が期待出来るということです。

成果主義のメリット

 成果主義を導入した際に企業にはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず始めに、社員のモチベーションアップが期待出来ます。なぜならやればやるだけ自分の給料がアップするからです。社員も自分の仕事が会社に認められていると感じることが出来れば、やる気も上がります。さらに、社員一人ひとりのモチベーションや生産性が上がれば会社の利益向上も見込む事が可能になります。

成果主義を導入する際にすべきこと

 では、いざ成果主義を導入しようと決定した後にすべきことには一体どのようなことがあるのでしょうか。まず始めに、「会社に貢献した」という基準を決定する必要があります。基準を決めないままでいると、判断する人や判断される人によって評価が変化してしまって、制度として成り立たなくなってしまうのです。

 基準を設定したら、その基準をしっかりと共有しましょう。共有をして基準を知らせておくことで、明確な目標を社員が持つことが出来るようになり、一人一人のモチベーションアップに繋がっていきます。


 最近何かと騒がれている「成果主義」を上記のことを頭に入れておくことでしっかりと理解しておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する