1. やる気を出してくれないのは頼み方のせい!?部下への上手な仕事の頼み方

やる気を出してくれないのは頼み方のせい!?部下への上手な仕事の頼み方

by Yakinik
 人の上に立つ立ち場になって感じるのが、上手な仕事の頼み方です。部下に仕事を振るのが下手な人は、「どうして自分が考えている通りに動いてくれないんだろう?」と悩んだこともあるのではないでしょうか。ここでは、部下に嫌な顔をされずに仕事を頼む方法を紹介します。

相手に仕事を与える気持ちはNG

 上司として部下に仕事を振るときは、どうしても仕事を与えているという気持ちになりがちです。しかし、こうしたやり方はやはり部下からの心象はよくありません。「仕事を教えてやっている」という考えがにじみ出ている上司に部下はついていきたいと思うでしょうか。まずは、上から目線で考えるのを辞めましょう。

部下の責任感をくすぐる

 強い立場にいる人間が強圧的な姿勢を取ることはあまり良い戦略ではありません。むしろ部下の責任感をくすぐってやるのが良い方法です。「この案件は非常に責任が重大だけれど、君ならば大丈夫だと思っている。問題があれば私もフォローするのでお願いできるか?」と言われたら自尊心も鼓舞されて挑戦してみようと思います。そして、そういってくれた上司のためにもプロジェクトを成功させようと思うものです。


 上司や雇用者として誰かに仕事を頼むには、自分が強い立場にいるということを認識して、その上であえて一歩引いて仕事を頼む姿勢を持つことが大切です。部下や後輩、使用者のやる気を鼓舞できる仕事の頼み方を身に着けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する