1. ただ「怒る」だけはリーダーシップではない!リーダーシップを発揮して人を動かす方法

ただ「怒る」だけはリーダーシップではない!リーダーシップを発揮して人を動かす方法

by MIKI Yoshihito (´・ω・)
 優秀なリーダーとはどのような人を指すのでしょうか。人によって定義はいろいろありますが、「人を上手に動かすことができる」という資質がリーダーに欠かせないという点については異論はないでしょう。ここでは、リーダーシップを発揮して人を動かすための方法について述べていきます。

論理的に説明する

 人を動かすためには、相手に事情を納得してもらう必要があります。ただ作業手順を示して仕事を命じるだけでは、形式的な仕事しかすることは出来ません。人を動かすうえで重要になるのは、その作業が何の目的で行われ、目標達成においてどのような役割を担っているのかを説明する能力です。

 目的が分からないままに進める作業では効率が落ちてしまうことが多くあります。しかし、論理的に仕事の内容を説明することで、指示された人間は自分の仕事に対して正確に意味や重要性を理解することが可能になり、もし作業が本来の目的から外れそうになったとしても、自主的な判断で仕事を修正し改善しながら仕事を続けていく事が出来ます。

責任を取る

 リーダーの究極の仕事は、部下の仕事の責任を取ることです。もし部下が何らかのミスをして損害が発生してしまったとしても、それは全て仕事を支持したリーダーの責任です。ミスをした人間に注意をするのは大切ですが、すべての仕事の責任はリーダーにあることを態度で示さなければ、周りの人はリーダーについていこうとは思えないでしょう。

 リーダーが責任を負ってくれるからこそ部下は信頼されている実感を持つことができます。部下を一人の人間として尊重しつつ、自由に仕事をさせることができるリーダーならば、周囲の人間は率先して協力を申し出るようになり、こちらが動かすまでもなく積極的にリーダーのサポートをしてくれるようになります。

信頼関係が最重要

 リーダーシップとは権威や権力を利用して、人を思い通りに動かすことではありません。人を動かすために必要なのは権力でも恫喝でもなく、リーダーと部下の間にある信頼です。

 信頼をはぐくむことでリーダーの指示に部下は気持ちよく従うようになり、人を上手に動かすことができるようになります。人は機械とは異なり、それぞれ感情に従って行動します。部下の気持ちを大事にすることが、信頼のおけるリーダーシップを作り上げるのです。


 人を動かすようなリーダーシップを手に入れたい、もしくは既にその力を身につけているという人は上記のことと自分を照らし合わせてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する