1. コミュニケーションをより円滑にする!「クッション言葉」の重要性と使い方

コミュニケーションをより円滑にする!「クッション言葉」の重要性と使い方

 ビジネスでは、「コミュニケーション力」が重要なスキルであるということは多くの人が知っていることではないでしょうか。コミュニケーション力では、言葉の間やタイミング、そして話し方も重要になります。ここでは、コミュニケーションを取るために必要なクッション言葉の使い方を紹介します。

クッション言葉とは?

 クッション言葉とは、その言葉通り、会話と会話の間に挟むような言葉を指します。例えば、代表的な「クッション言葉」としては、「恐れ入ります」「お手数ですが」等があげられます。これらは、ごく普通に自然に使っている言葉かも知れませんが、実は心掛けていないととっさには出てこない事でもあります。用件をストレートに解り易く伝える事は勿論ですが、その中に相手への気遣い、思いやり、優しさが織り込まれていれば、一味違うビジネスが出来るのではないでしょうか。

クッション言葉を会話に挟むメリット

 クッション言葉を会話に挟むことで得られるメリットは、単に会話をしやすい環境を作るだけではありません。話の繋がりがより意識しやすくなり、会話の意味が相手にわかりやすくなります。

クッション言葉の例と使い方

 具体的に、ぜひ身につけ、普段から自然に口に出来る様にしておくべき「クッション言葉」をあげておきましょう。以下のような言葉は、気持ちが伝わるという意味以前に、マナーとして重要になります。

・申し訳ございません。
・お世話になっております。
・恐れ入ります。
・お忙しい所申し訳ありません。

 このようなクッション言葉の使い方としては、文章の手前に置き、どういう気持ちで、会話を始めるのかを相手にわかりやすく伝えたい時に使います。

 ここではクッション言葉について紹介しました。クッション言葉を付けるだけで会話の印象が大きく変わります。コミュニケーションを上手く取りたいときは参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する