1. 【送信前にもう一度チェック】注意しておきたいメールでの仕事の頼み方

【送信前にもう一度チェック】注意しておきたいメールでの仕事の頼み方

by Âtin
 今や仕事でもメールは欠かせません。遠くの人との連絡だけでなく、社内での頼みごとにメールを使うことも最近では頻繁にあります。ここでは、メールで頼みごとをすると気に失礼にならないように書いておくべきことを紹介します。

メールで頼む事に対して謝罪する

 まずは、メールという形で依頼することに対しての謝罪の言葉を入れましょう。口頭や電話などの方法もある中で、メールで社内の人にものを頼むのは、特に年配の人にはあまり受けがよくないかもしれません。例えば「メールで頼むのは恐縮ですが、○○をしていただけますか」や「メールで申し訳ないのですが本日中に○○をお願いします」などです。

相手の時間を割いてしまう事を謝罪する

 更に続けて「お忙しい時に大変申し訳ありませんが」などと相手の時間を割いてしまう事への謝罪の気持ちもいれておくとよりいいでしょう。依頼するということは、必ず何らかの形で相手の時間を奪うことになります。相手にも自分の仕事があります。それを邪魔したことへの謝罪の言葉も付け加えましょう。

「分からないことは聞いてほしい」と付け加える

 「質問があったらぜひ聞いてほしい」という文面も付け加えてください。依頼ごとをするときは、相手に迷惑をかけることになるので、少しでも相手に配慮した対応をすることが大切です。特にメールでの連絡は伝え漏れも多くあるので、必ずこのような配慮が必要です。


 これらを考慮した文面を送れば、少なくとも失礼なメールだとは思われないはずです。頼みごとの内容ではなく、頼み方が悪いから引き受けてもらえなかった、ということがないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する