1. プラス思考は成功を惹きつける!仕事で落ち込んだ時にプラス思考になる方法

プラス思考は成功を惹きつける!仕事で落ち込んだ時にプラス思考になる方法

by emrank
 人間にはプラス思考の人もいれば、マイナス思考の人もいるでしょう。しかし、仕事をするにあたって、プラス思考の人の方が多くのメリットを持っています。ここでは、マイナス思考の人が実践すべき、仕事で落ち込んだ時にプラス思考になる方法について述べていきます。

落ち込んだ気持ちを受け入れる

 仕事で落ち込んだときには、まず落ち込んだ気持ちをありのままに、受け入れるようにしましょう。誰しも仕事で落ち込むことはありますが、毎日、朝から夕方までの仕事の時間中、落ち込んだまま1年間を過ごすというようなことはありません。

 落ち込んでいるということを否定し、それと向き合うことから避けていては、いつまでたっても回復も成長も出来ません。落ち込んだ気持ちを受け入れ、落ち込んだ気持ちがどのようなものなのか、観察してみましょう。

いつも予想が当たるとは限らない

 仕事で落ち込むのは、自分自身の将来の処遇が仕事の失敗により、まずくなるのではないかという懸念が理由ということもあるでしょう。仕事の失敗により、「左遷させられるのではないか?」や「部署を異動となるのではないか?」など、出世の可能性が低くなることを考えてしまいがちです。

 自分が勤務している会社役員の経歴を見るとわかりますが、順調に出世した人もいれば、仕事で失敗して左遷された後に出世のチャンスを掴んだ人もいるでしょう。予想が当たるとは限りません。将来を悲観して、落ち込んでいる時間はもったいないのです。

上手くいくストーリーを抱く

 仕事で落ち込んだときに落ち込んだ気持ちを受け入れると、地に足がついた、現実的な改善や目標設定を反省を交えながらすることが出来ます。当たり前のことを当たり前にやれなかったことが仕事の失敗の多くの原因であり、特別優秀な結果が得られなかったからというケースは少ないです。

 「どうしたら今度はうまくいくのか」と上手くいくストーリーを持てることが気持ちを前向きにし、明るい気持ちにさせてくれます。明るい言葉には根拠がありません。上手くいくストーリー、つまり勝ちにいけるストーリーを持つことが出来ればプラス思考になります。上手くいくストーリーはプラス思考へ、プラス思考は仕事を成功へと導いてくれるのです。


 もし仕事で落ち込んでマイナス思考になってしまった時は、上記のことを参考にプラス思考になって問題を解決してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する