1. スキルアップのチャンス!苦手意識を克服しビジネススキルアップを図るための方法

スキルアップのチャンス!苦手意識を克服しビジネススキルアップを図るための方法

by archer10 (Dennis)
 仕事に苦手意識があるという人はいるでしょうか。お金を貰っている仕事なので、苦手だからといって簡単にやめるというわけにもいかない。そんな悩みを抱える人も多いでしょう。

 しかし見方を変えれば、仕事に対する苦手意識は、スキルアップのための大きなチャンスであるとも言えます。苦手を苦手のままにせず、それを利用してスキルアップするための方法をご紹介します。

分析と分類

 まず、漠然とその仕事が苦手だと思っていないで、何が苦手なのか・何が分からないのか・何ができないのかという分析を行います。苦手だと思う部分を箇条書きにしてみるのもいいでしょう。そのような作業をしていくことで「苦手」という漠然としたものを、はっきりとした形あるものにしていきます。敵の姿形がはっきりしてくれば、その対処法も見えてくるものです。

 苦手の原因にも、その仕事が難しいから苦手だとか、その仕事に関わる人が苦手だとか、自分の性格に合っていないから苦手だなどといったように様々なものがあると思います。苦手と思う部分を箇条書きにしたら、今度はそれを自分の能力によるものと、自分の感情によるものに分けます。

 感情が原因となるものは、さらに自分の気持ちの持ち方で解決できるものかどうかを分けます。解決できそうなものの方が多ければ、その苦手意識を克服できる可能性は高くなります。自分の能力が原因となるものを抜き出すと、自分にできることとできないことがはっきりと峻別できます。

勉強と理解

 まず自分の能力が苦手意識の原因であるならば、足りない知識や技術をとにかく基礎から洗いなおして勉強していきます。苦手意識を少しでも克服したいのであれば、まず我慢して勉強しなければなりません。自分に足りないものを埋めていくことで、その仕事に対する理解が深まり、苦手意識もこの時点である程度薄れさせることができるでしょう。

 感情面で苦手という場合は、無理に克服しようとすると精神的なストレスとなり、より苦手になってしまう怖れがあります。無理をせずに、マイペースで自分の心と向き合って苦手意識をなくす訓練をします。これができると、今後の人生においても強い心で乗り切っていくようになるはずです。

成功体験

 精神的なものはともかく、能力的なことで知識や技術を埋めることができたら、改めて仕事と向き合ってみます。以前よりスムーズに、簡単にできれば勉強は足りていると言えます。まだ苦手と感じるなら勉強が足りていないということです。

 勉強が足りていてうまく仕事をできたという成功体験を得られれば、もはや苦手意識は克服したも同然です。精神的なものが原因でも、同様に成功体験があれば、前向きに考えて克服するための足がかりにできます。

 このように苦手意識と正面から向き合って、少しずつでも解決していければ、自ずからスキルアップしていることでしょう。克服するため、そしてスキルアップするためのコツは、無理せず着実にということです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する