1. サインを見抜いて早めに対策!判断力が低下したときの対処法

サインを見抜いて早めに対策!判断力が低下したときの対処法

by 55Laney69
 ビジネスを行う上で重要になるのが「判断力」です。情報を総合的に処理して最適な選択をするには、高い判断力が求められます。判断力の低下は、もしかしたら体調不良を示すサインかもしれません。今回は、判断力が低下してきているかも…と思った際の対処法を紹介します。

休憩を取る

 判断力が低下する原因で最も多いのがオーバーワークによる疲労の蓄積です。体に疲労がたまってくると、集中力の低下と同時に頭がうまく回らなくなり、正常な判断が困難になります。判断力が鈍ってきたなと感じたら、それは肉体からの危険信号かもしれません。

 仕事を長時間続けた結果の判断力の低下であれば、まずは休憩して体を休めるのが第一の対処法です。短い時間でも構わないので、いったん仕事の手を休め心身共にゆっくりと休めてください。軽い運動やストレッチなどを行って、体をほぐすのもいい対処法です。全身のコリがほぐれれば血行が改善され、疲労回復もより速く行われます。ある程度まとまった時間が取れるなら、睡眠をとってゆっくりと休憩するのが一番の対処法です。短い時間の休憩でも、心身共に仕事から離れてリラックスすれば判断力はある程度回復するでしょう。

食事をとる

 空腹は判断力を鈍らせ、精神的な安定を奪います。脳へ送られる栄養分が不足してしまうと、イライラが募って冷静な判断ができなくなってしまいます。何も食べないで仕事をするのは、ガス欠の車を無理やり走らせるのと同じことです。

 空腹が原因で判断力が低下しているときには、食事をして空腹を満たすのが一番の対処法になります。お腹いっぱい食べるだけで精神も落ち着きを取り戻し、再び冷静な判断ができるようになるのです。しっかりした食事をとる時間が無い場合は、チョコや飴で糖分を摂るのをお勧めします。脳のエネルギー源となる糖分を補給することで、脳の動きが活発化するからです。

医師の診察を受ける

 判断力の低下が長期間続く場合、脳の病気や認知症の可能性があります。なるべく早く医師の診察を受けて、何か重大な病気が無いかはっきりさせましょう。判断力の低下が一時的なものであれば大きな問題ではありませんが、長期間続くようだと何か重大な問題かもしれません。原因をはっきりさせるためにも、速やかに医師の診察を受けてください。


 いかがでしょうか。いくつかの対策をとってみて、判断力が低下した原因が何なのかを突き止めるのも対策です。不審に思うことがあれば、迷わす診察を受けてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する